Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

満島ひかり主演『海辺の生と死』日本公開に先駆け上海国際映画祭にてプレミア上映!

2017/6/18 08:27

満島ひかり 4年ぶりの単独主演作

映画『海辺の生と死』

第20回上海国際映画祭にてワールドプレミア上映!

①海辺の生と死_メインS

『夏の終り』(13年)以来、4年ぶりの満島ひかり単独主演となる映画『海辺の生と死』が6月17日開催の第20回上海国際映画祭SPECTRUM部門に正式出品され、ワールド・プレミア上映される。

7月29日(土)の日本公開に先駆けて、一般の観客の皆様への初お披露目の機会となる。

傑作「死の棘」を世に放った小説家・島尾敏雄と、その妻、島尾ミホ。後年、互いに小説家であるふたりがそれぞれ執筆した戦時下での鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、奄美大島、加計呂麻島でのロケーションを敢行し、完全映画化を果たした『海辺の生と死』。日本海軍が開発した特攻兵器・特攻艇「震洋」隊の隊長として島に赴任し、出撃命令を待つ若い将校と、ただどこまでもついていきたいと願った島の女性の美しい恋の物語だ。

海辺の生と死_サブ1S

【越川道夫監督コメント】 どこよりも先駆けて、上海のみなさんに『海辺の生と死』をご覧いただくことになりました。この映画を選んでいただいた方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。この映画は、南の島で育ったひとりの女性と迷いながらも特攻艇隊の隊長として島に着任したひとりの青年の恋愛を描くと同時に、大きな災厄や戦火の下で、わたしたちがそのようなものにどのように抗することができるのか、どのように狂わずに日々を営むことができるか、ということが描こうとしました。わたしたちはもうそれがいかに困難であるかということも知っています。満島ひかりさんが演じたトエという、可憐であると同時に、その内側に強さを秘めたヒロインを通じて、そんなことを感じていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

海辺の生と死_サブ3S

『海辺の生と死』
7月29日(土)テアトル新宿ほか全国順次公開 
配給:フルモテルモ、スターサンズ 
(C)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
脚本・監督:越川道夫
原作:島尾ミホ「海辺の生と死」(中公文庫刊)島尾敏雄「島の果て」ほかより
出演:満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種
公式HP:http://www.umibenoseitoshi.net/

関連記事


Page Up