Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

桂雀々独演会 芸暦40周年記念公演 明石家さんま、桑田佳祐がサプライズ登場!

2017/6/23 09:45

桂雀々 独演会 芸暦40周年記念公演「地獄八景亡者戯2017」

スペシャルゲストに明石家さんま、シークレットゲストに桑田佳祐がサプライズ登場!

KUWATA_KEISUKE_1撮影:岸田哲平

 

6月22日(木)東京国際フォーラムにて <桂雀々 独演会 芸暦40周年記念公演 「地獄八景亡者戯2017」>が開催され、スペシャルゲストとして明石家さんま、そして、シークレットゲストとして桑田佳祐がサプライズ登場し、桂雀々芸暦40周年を祝った。

チケットは前売りで完売、約1500人のお客様が、前後半の2部構成の記念公演を楽しんだ。 前半、桂雀々が落語「地獄八景亡者戯2017」を進める中、突如ステージ上に桑田佳祐が登場すると、会場は驚きとともに歓声につつまれた。桑田からは、NHK連続テレビ小説の主題歌でもある「若い広場」を、一般のお客様を前に、自身の歌声で初めて披露した。歌い終わった後、桑田佳祐さんからは、「35年前サザンの打ち上げで会ったのがきっかけで、親しくさせていただいてます。お兄さんおめでとうございます。人前で <若い広場>を今日初めて歌います。いいお客さんですね。こんな(天冠)のつけてね。」と、コメントした。

AKASHIYA-SANMA_O7O0977ss1撮影:武藤奈緒美

後半は、桂雀々と明石家さんまによるフリートークを展開。さんまの絶妙なトークで、会場は終始笑いが途切れず、桂雀々芸暦40周年記念公演のフィナーレにふさわしく大爆笑、大賑わいとなった。5つ年上の先輩にあたる明石家さんまからは、「去年から何回もメールして、ここに呼ぶな!ちゃっちゃと一時間しゃべってくれって!お前のわがままで、こういうことになり来てしまったけれども。(雀々から45周年も誘われ)ホンマ45周年は断らせてくれ! 死んだことにしてくれ!(笑)」 と激励の言葉で40周年に花を添えた。

桂雀々からの芸暦40周年公演を終えてのコメント
「舞台では、思いっきりしゃべって、いい疲れでした。ビックネームの先輩方に40周年の花を添えていただき、ありがとうございます。感謝の一言です。気疲れもしたので、これが続くとホンマ痩せるわ!(笑)」

 

「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」とは・・・
全編を通じて時事ネタなどを織り交ぜて展開される旅噺に分類される作品。
食あたりで死んだ主人公が、冥途への旅路の途中、生きていた時のなじみの知り合いと再会するとことから話が始まる。前半では、三途の川、賽の河原、閻魔大王による審判など、おなじみの地獄での様子を描写する。そして、主人公と共に旅する一行には、地獄での裁定が下される。後半では、地獄行きを命じられた者たちと閻魔大王や鬼とのやり取りが展開されるが、地獄行きを命じられた者たちは、いずれも曲者ぞろい。鬼たちを、さんざん困り果てさせるが・・・・。

「桂雀々芸暦40周年記念名古屋公演」
9月9日(土)日本特殊陶業市民会館(ゲスト:柳家喬太郎、神田松之丞)

「冠番組」
『桂雀々の落語の散歩道』6月3日(土)スタート!毎週土曜23:55~24:00@BSフジ

「特番」
大和ハウス工業presents『桂雀々芸暦40周年記念~地獄八景亡者戯2017~(仮)』今夏放送予定

関連記事


Page Up