Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『ダンケルク』緊迫の“陸海空”特別動画&ノーランから日本へのメッセージが到着!

2017/7/11 08:00

絶体絶命の地“ダンケルク”を生き抜け。

切迫した時間との決死の戦いを描く“究極の映像体験” 映画『ダンケルク』

陸海空3動画同時解禁&ノーランから日本への特別メッセージ到着

BBAY_4096x3832_TRYPTICH_INTL_masterFIX1

『ダークナイト』『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督が、実際に起きた史上最大の救出作戦を描く、大傑作が誕生。陸海空から迫りくるドイツ敵軍80万人。惨敗し撤退を余儀なくされた英仏軍40万人の撤退作戦が決断される。若き兵士トミー(フィオン・ホワイトヘッド)は、絶体絶命の窮地から生き抜くことが出来るのか!?

容赦なく敵勢が迫るなか、陸海空の3つ時間のストーリーが同時に展開。時間描写において他の監督とは一線を画すノーラン監督ならではの緊迫のタイム・サスペンスが、IMAX65ミリ・カメラとラージ・フォーマット65ミリ・カメラによるリアルな撮影による圧倒的な臨場感で描かれる。

観客は主人公トミーと共に、誰も見たことも、聞いたこともない全く新たな“究極の映像体験”をすることになる。360°全方位から迫る究極の映像体験『ダンケルク』が、9月9日(土)より日本公開される。

今回、待望の完成を迎えた『ダンケルク』のノーラン監督から日本へのメッセージが到着。また、絶体絶命の地を生き抜くことを決意した3人を描く、陸海空3つの特別動画が同時解禁となった。

日本のファンへの感謝から始まるノーランの手紙は、「『ダンケルク』は従来の戦争映画とは異なるもの。海辺での兵士たちの戦いそのものよりも、戦争という絶体絶命の状況と混乱のなか、追いつめられ、葛藤し、生き抜いていこうとする物語を伝える」と続く。初の実話が描くのは、「時代を超えた普遍的なテーマであり、日本の映画ファンにも共感していただけるのではないか」と綴られる。

そして「切迫した時間との戦いの真っただ中をご体感いただきます。皆さんを劇場でダンケルクの浜辺へお連れします。きっと、かつてない映像体験になるはずです。」と結ばれている。

また解禁された3つの特別映像では、ノーランのメッセージ通り、絶体絶命の地ダンケルクの陸海空で、生き抜くことを決意したそれぞれ3人の登場人物の姿をとらえている。

『ダンケルク』(英題:Dunkirk)
監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン 
出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズ ほか
オフィシャルサイト:dunkirk.jp #ダンケルク 
©2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

9月9日(土) 全国ロードショー

関連記事


Page Up