Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

デビュー30周年記念 仲道郁代ピアノソロコンサート「ロマンティックなピアノ」11月18日軽井沢大賀ホールほか全国5都市6公演

2017/7/27 03:13

デビュー30周年記念 仲道郁代ピアノソロコンサート「ロマンティックなピアノ」

1118日軽井沢大賀ホールほか全国5都市6公演

S仲道郁代_アーティスト写真_foto_Kiyotaka-Saito_クレジット入り

日本を代表するピアニスト仲道郁代のデビュー30周年記念コンサー ト「ロマンティックなピアノ」が、11月18日(土)軽井沢大賀ホールを皮切りに、大阪、東京、愛知、静岡にて計6公演開催される。 仲道郁代は、1982年、桐朋学園大学在籍中に第51回日本音楽コンクールのピアノ部門で優勝を果たし、以来1986年には第42回ジュネーヴ国際音楽コンクール第3位(最高位)受賞。1987年には、メンデルスゾーン・コンクール第1位入賞(メンデルスゾーン賞も受賞)、エリザベート王妃国際音楽コンクール第5位に入賞。現在では人気実力ともに日本を代表するピアニストの一人と して、毎年のサントリーホール公演ほか、全国各地で多数の公演を行い、世界的な指揮者・オーケストラと共演、録音のリリースは30枚を超える。デビュー30周年を迎え、円熟した響きと音色でピアノの名曲の数々が披露される。

<<公演に寄せて>>
ピアノは雄弁です。
作曲家が託した思い、演奏家が託す思いを、ピアノの音は語ります。

ピアノの名曲には、名曲たる所以があります。
なぜ、その曲は、聴くものの心に響くのか。
ピアノの曲に込められた思いや意味とは何か。
演奏家は、それをどのように音にしていくのか。

このコンサートでは、そんな名曲の秘密に迫ります。
お話とともに、ピアノの音に浸る。より深く曲の世界に入ってみる。
そんな空間・時間を、ご一緒にお過ごしいただきたいと思います。
                                                                    仲道郁代

公演名称: デビュー30周年記念 仲道郁代ピアノソロコンサート 「ロマンティックなピアノ」
長野公演: 2017年11月18日(土)(開演13:30)軽井沢大賀ホール
大阪公演: 2017年11月22日(水)(開演19:00)サンケイホールブリーゼ
東京公演: 2017年12月15日(金)(開演19:00)紀尾井ホール
愛知公演: 2018年2月3日(土)(開演13:30)三井住友海上しらかわホール
東京公演: 2018年2月17日(土)(開演13:30)かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
静岡公演: 2018年2月24日(土)(開場13:00 / 開演13:30)アクトシティ浜松 中ホール

演奏予定曲
ショパン:ノクターン 嬰ハ短調「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
シューマン:「子供の情景」よりトロイメライ
リスト:愛の夢 第3番 変イ長調
ショパン:エチュード作品10-12 「革命」
ショパン:エチュード作品10-3 「別れの曲」
ショパン:ポロネーズ 第6番 「英雄」
ショパン:24のプレリュード 第15番「雨だれ」
ドビュッシー: 「月の光」 他

公式ホームページ: http://www.bsfuji.tv/ikuyo-nakamichi/

 

関連記事


Page Up