Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

西野七瀬 (乃木坂46)、なぎなた振り回し「大変だったけど、楽しかった!」 映画『あさひなぐ』

2017/8/29 07:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

乃木坂46のメンバーによる映画&舞台のダブルプロジェクトで放つ『あさひなぐ』。映画の完成披露上映会が、828日都内で行われ、主演の西野七瀬をはじめ、共演の桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花、そして英勉監督が舞台挨拶を行った。そして、映画の完成を祝い、大ヒットを願って鏡割りも行われた。

180A0228s左から英勉監督、松村沙友理、桜井玲香、西野七瀬、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花

 

本作は、小学館漫画賞を受賞したこざき亜衣の人気コミックの実写映画化。なぎなたに青春を懸けた少女たちの成長が描かれる。

完成披露上映会には多くのファンがつめかけ、メンバーが登壇すると大きな歓声と拍手で迎えた。主人公の東島旭(とうじま・あさひ)役を務めた西野は、「観終わった後の皆さんの感想が楽しみ。みんなで頑張ったので、『かっこいい!』って思ってもらえると思う」と期待を込めて挨拶。初めて挑戦したというなぎなたについては「重くて大変でした。想像以上に大きいし、重いし、難しい」と本音を漏らす。練習量もはんぱではなかったようで、「足の裏の皮がめくれそうになったり、腕が筋肉痛になったり……」と苦労が尽きなかった様子。それでも「初めて知ったなぎなたというものを体現できた!」とポジティブな明るい笑顔を見せた。

180A0259s180A9967s

なぎなた部のエース・宮路真春役を演じた白石は「とにかく(エースなので)強くなきゃいけないってことで、大変だった。それと試合数が多くて、ずーっと練習していました。でも出来てくるとうれしかったし、楽しかった」とやりがいを感じた様子。

紺野さくら役を務めた松村は「みんな頑張りました。スタッフさんも監督も毎回付き合ってくれて、夜遅くまで練習したりして、青春でした!”」とすがすがしい笑顔を見せたが、「試合のシーンを撮る前の日に、監督さんから『ちょっと変えたい』と言われ、1ケ月くらい頑張って手順を覚えるために練習をしていたので、心が折れました。涙でした……。そんな私を監督笑いながら見てました」と英監督に思わず恨み節も。

180A0006s180A0040s

そんな監督だが、見どころにメンバーがなぎなたで試合をするシーンをあげ、「試合をするときにはお面(防具)をつけているので、美しい顔が隠れてしまって……」と嘆きつつも、「お面越しに見る楽しみがある」とアピール。そして、監督は、へこたれず、一生懸命に練習したメンバーの頑張りをたたえていた。

最後に、監督とキャスト陣によるスポーツドリンクの入った樽で鏡割りが行われ、会場は大いに盛り上がった。

180A0180s180A0253s

映画『あさひなぐ』は922日より全国公開される。
公式サイト:asahinagu-proj.com/


 

関連記事


Page Up