Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

120年前の日本の風景も 『リュミエール!』日本版予告編解禁!

2017/9/12 08:40

120年前の日本の風景含む、貴重な映像満載!

『リュミエール!』

映画ファン必見の日本版予告編映像、解禁!

【リュミエール!】poster_fix1

 

「映画の父」リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”による、秘蔵作品1,422本の中から選ばれた108本が4Kデジタルで蘇る映画『リュミエール!』 (10月28日(土)公開)の日本オリジナルの予告編が完成した。

公式youtubeアドレス:https://youtu.be/legNU_FCryg

本作はトロント映画祭、カンヌ映画祭にも出品され、マーティン・スコセッシ監督が“世界の至宝だ!”と絶賛する1895年からの10年間でリュミエール兄弟らが製作した貴重な作品群から108本を厳選し構成された貴重なドキュメンタリー。

今回の予告編67秒には、1895年に上映された世界初の短編映画『工場の出口』、リュミエール作品の中でも多くの人が目にしたことのあるコメディ『水を撒かれた水撒き人』(1895)、そして、世界各地の映像、エジプト・ギザで撮影されたピラミッド(1897)、水の都ヴェネチア(1896)、セーヌ川から撮影されたエッフェル塔(1897)、ロンドン・ウェストミンスター橋から撮影されたビック・ベン(1896)など貴重な映像が満載されている。120年前の京都で撮影された剣道家の試合の映像も含まれ、こちらは現存する日本最古の映像のひとつと言われており、大変貴重なもの。是非、ご鑑賞ください。

Lumiere-サブ2(軽)SLumiere-サブ3© 2017 – Sorties d’usine productions – Institut Lumière, Lyon

 

『リュミエール!』
監督・脚本・編集・プロデューサー・ナレーション:ティエリー・フレモー (カンヌ国際映画祭総代表)
映像:1895年~1905年リュミエール研究所(シネマトグラフ短編映画集1,422本の108本より)
原題:LUMIERE!/2016/フランス/フランス語/90/モノクロ/ビスタ/5.1chデジタル/字幕
公式サイトgaga.ne.jp/lumiere!/
1028日(土)東京都写真美術館ホール他全国順次公開

関連記事


Page Up