Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

エマ・ワトソン×トム・ハンクス豪華共演『ザ・サークル』 11月公開

2017/9/20 03:00

「いいね!」のために生きている。

エマ・ワトソン×トム・ハンクス豪華共演『ザ・サークル』

1110日(金)に全国公開

メイ1S

 

エマ・ワトソンの『美女と野獣』に続く主演最新作、トム・ハンクス他豪華共演で贈る話題作『ザ・サークル』が1110日(金)に全国公開される。

憧れのSNS企業<サークル>に採用され、新しい環境に期待を膨らませる主人公メイ。実生活でも子どもの頃から世界の注目を浴び自身のSNSを通じライフスタイルを発信し続けるエマ・ワトソン本人と主人公メイが被る姿が本作の見所のひとつ。

先進的な考えを持ち、全社員から愛される<サークル>のカリスマ的リーダー・ベイリーには、大ベテラン、トム・ハンクス。その他にも、新『スター・ウォーズ』シリーズに出演し、さらに『パシフィック・リム』の続編にも出演が決定しているジョン・ボイエガ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのカレン・ギラン、『6才のボクが、大人になるまで』のエラー・コルトレーンなど今旬大注目の俳優が名を連ねる。また、今年2月に亡くなったビル・パクストンも出演しており、本作が遺作となった。

この豪華キャストをまとめあげるのは10月上旬に来日が決定しているジェームズ・ポンソルト監督。デイヴ・エガーズの小説「ザ・サークル」をもとに、脚本はポンソルト監督とエガーズが共同執筆しており、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の音楽を手がけているダニー・エルフマンが音楽を担当する。

『ザ・サークル』本ポスター1

解禁された本ポスターには、「いいね!」を過剰に求める現代社会に生きる人々に突き刺さる“「いいね!」のために、生きている。”というコピーが大々的に打ち出されており、SNSを日常的に使用する現代人がドキッとするようなポスターになっている。

また同時に解禁された予告編では、超巨大SNS企業<サークル>に採用されたメイ(エマ・ワトソン)が、ベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、サークル社が提案する新サービスモデルとなって“生活のすべてをシェアする”ことになる様子が描かれている。自信満々にスピーチをし、大勢に囲まれてセルフィ―を頼まれている姿からは、メイがSNSで一躍有名になり、世界中を虜にしている様子が。「チャンスを逃すことが怖い」と語るように、SNSで花開いた自らの人生に希望が満ち溢れているメイだが、予告編の映像は途中で一変。親友のアニー(カレン・ギラン)が「人を蹴落とせて満足でしょうね」と話し、幼馴染のマーサ―(エラー・コルトレーン)が「僕の生活は君のせいでめちゃくちゃだ」と話すところから、SNSでアイドル的な存在になったことへの代償があったことを暗示している。さらに「まだシェアが足りないと思わないか?」とベイリーは、メイにさらなるプライベートのシェアを求める。行き過ぎたSNS<サークル>の暴走に、メイは対に対峙することに―。予告編最後でベイリーに問い詰められて、不敵な笑みを浮かべるメイはどう<サークル>に、<SNS>に答えを見出すのか―?

予告編映像:https://youtu.be/HTK7uDiQbxQ

『ザ・サークル』
出演:エマ・ワトソン、トム・ハンクス、ジョン・ボイエガ、カレン・ギラン、エラー・コルトレーン、ビル・パクストン
監督&脚本:ジェームズ・ポンソルト/原作:デイヴ・エガーズ著「ザ・サークル」(早川書房)/音楽:ダニー・エルフマン『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』/編集:リサ・ラセック『アベンジャーズ』シリーズ/撮影:マシュー・リバティーク『ブラック・スワン』/美術:ジェラルド・サリバン『グランド・ブタペスト・ホテル』
原題:The Circle/2017年/アメリカ/シネスコ/5.1chデジタル/110分/配給:ギャガ
© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.
11月10日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ 他全国ロードショー

 

関連記事


Page Up