Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』大和撫子な女装・柄本佑に思わず“きゅん」!?

2017/11/5 02:46

『素敵なダイナマイトスキャンダル』

インパクト、ダイナマイト級!

大和撫子な女装・柄本佑に思わず“きゅん」!?

素敵なダイナマイトスキャンダル_ティザーS

「写真時代」、「ニューセルフ」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。末井昭氏が70歳を迎えるアニバーサリーイヤーの2018年3月17日(土)に公開される。

本作は、7歳の時に隣の若者とダイナマイト心中した母を常に心のどこかで意識しながら、青年時代の末井がキャバレーの看板描き、イラストレーターを経て、優しい妻、魅力的な愛人、才能溢れる先輩やカメラマンたちと出会い、伝説の雑誌編集長となっていくまでを描いた青春映画である。柄本演じる“末井昭”取り巻く素敵な人々を演じるのは前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳、尾野真千子など。

70〜80年代のサブカルチャーを牽引した伝説の編集長であると同時に、パチンコジャーナリスト“ゴンゾーロ末井”として出演した「女装振袖姿の“玉きゅん”CM」でもお馴染みの末井昭氏。「女装をする時は、女性用の下着をつけると気持ちがはいっておすすめだよ」という末井氏本人のアドバイスに従って撮影に臨んだ、柄本佑による「女装振袖姿」は衝撃的!

幼くして母が心中(しかもダイナマイトで爆発)するという壮絶な体験をした末井は、いかにして伝説の編集長になったのか?これを観ずして、日本のサブカルチャーは語れない!

出演:柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子 ほか
監督・脚本:冨永昌敬  
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」ちくま文庫刊  
音楽:菊地成孔 小田朋美  
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会   
公式HP: dynamitemovie.jp
2018年3月17日(土) テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国ロードショー!


 

関連記事


Page Up