Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鈴木伸之が桐谷美玲にジュエリーのプレゼント!映画『リベンジgirl』 クランクアップ会見withブルガリ

2017/11/10 01:34

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

11月9日(木)ブルガリ銀座タワーにて、映画『リベンジgirl』のクランクアップ会見が行われ、主演の桐谷美玲、そして映画やドラマ、舞台など多岐に渡る活躍で人気急上昇中の鈴木伸之、“きよたんスマイル”で世の女性を虜にする清原翔が登壇した。本作は、東大首席で元ミスキャンパス、性格以外はパーフェクトなイタイ女、宝石美輝(たからいしみき)が大失恋をきっかけに人生を賭けての「リベンジ」を誓い、女性初の総理大臣を目指すという奇想天外な物語。

180A0042s
主役・美輝を演じた桐谷は「先ほどから、性格ブス、性格ブスと言われておりますが、自分にないものを出しながら、一生懸命演じました」と挨拶。美輝を支えるクールな敏腕政治秘書の門脇俊也を演じた鈴木伸之は、「ボクだけ黒スーツでバッチリ決めてきたんですけど、次の会見のときはリベンジして、もうちょっとカジュアルにしてこようかな」と、美輝の失恋相手、政治家一家のサラブレット斎藤裕雅を演じた清原翔のカジュアルな姿が気になる様子であった。

180A0022s

桐谷は「鈴木君は、見た目は大人っぽく、お兄さん的な感じですけど、お話をすると、やっぱり年相応なんだな。でも、役柄に取り組む姿勢は、一生懸命で頼れる存在だなと感じました。清原君に『インドアで何をしているの?』と聞いたら、『キャンプに行きます』と言われて・・・。天然なんだなという印象です」と二人をおもしろく評価した。それを受けて鈴木は「桐谷さんは、凜とまっすぐ立っているイメージが強くて、でもお話ししたら気さくでやさしい方。清原君とは同い年で、お互い『キヨ』『ノブ』と呼ばせてもらって」、清原は「事前に周りのスタッフさんにリサーチしたら、『桐谷さんは人見知りだから話しかけないと、話さないよ』って言われて、インの日に、『ご飯食べましたか』って言って。それだけでインの日は終わってしまって、すごく心残り」と食事に誘いたい雰囲気であった。

180A9994s180A9760s

自分に対して自信が溢れ、目立ちたい、No.1になりたいと思っている主人公・美輝とは「真逆の性格と感じている」桐谷は、「目立ちたくないから家に引き籠もっていたい性格なので、美輝ちゃんのテンションに合わせるのは難しくて。監督に『どこまで突き抜けたらいいんでしょうか?』と質問したんですけど『やれるところまでやって』と言われたので、最高に性格ブスな感じで上から目線で発言したり行動するよう心掛けました」と役柄についてコメント。さらに「選挙カーに乗って、2、300人のエキストラの前で演説する貴重な体験をした」ことも、その際には、衆議院選挙の期間とかぶっていたことから「『あの宝石美輝ってどこから出ているの?どこにある政党なの?』と、通りがかった方から聞かれたり、ネットで話題になったり、自分でも驚きました」と撮影時のエピソードを語ってくれた。

さらに、本イベント会場になったブルガリでの撮影について、桐谷は「すごく光栄でしたし、女性の憧れ。ブルガリの広報部(に勤務している役)で、海外の方ともお話するシーンなど疑似体験できたことはすごくうれしかったです。ブルガリ特有の『チャオ』っていう挨拶を教えていただき、実際撮影に入れてみました」と語った。

180A9949s

そして、本イベントの目玉である劇中で美輝が纏っている“ビー・ゼロワン パーフェクトミステイク”のネックレスを鈴木が桐谷にプレゼント。至近距離で“ハグつけ(=後ろからネックレスを付ける)”するシーンにマスコミ陣からシャッター音の雨嵐!!「後ろからつけてもらうことなんて、なかなか無いので、照れちゃいます」と桐谷。横で見ていた清原は「見ているこっちが恥ずかしかったです」と、顔を赤らめていた。

“パーフェクトミステイク”には“失敗には全て意味がある”という意味合いが込められており、リベンジを目指して奮闘する美輝が重要な場面で必ず身につけている、ストーリーに欠かせないキーアイテムになっている。

マスコミからの「今年も残りわずか。リベンジしたいことは」という質問に、鈴木は「撮影中、風邪をひいたので、取り直したいです。リベンジしたいです。やり直せるんだったら、幼稚園からやり直したいです」と皆を笑わせ、桐谷は「あっという間に11月。特にやり直したいという訳ではないのですが、暖かい4月から、また楽しみたいです」と、可愛らしい回答。

最後に、桐谷が「一人の女性が成長していく物語です。皆さんの背中を一歩押せるような作品になったらいいなと思います」と述べ、ブルガリで会見が終了した。映画『リベンジgirl』は、12月23日(土・祝)全国公開される。

180A0033s

映画『リベンジgirl』
出演:桐谷美玲 鈴木伸之 清原翔 馬場ふみか/竹内愛沙/佐津川愛美/大和田伸也
監督:三木康一郎(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』
原作:清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊)
公式サイト:http://revengegirl-movie.jp/
© 2017「リベンジgirl」製作委員会

12月23日(土・祝)全国ロードショー

関連記事


Page Up