Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

浜辺美波 今作では“咲”の姉で出演! 桜田ひより主演『咲-saki-阿知賀編 episode of side-A』舞台挨拶

2018/1/21 07:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

大人気コミック『咲-saki-』実写化の第二弾『咲-saki-阿知賀編 episode of side-A』が1月20日(土)公開初日を迎え、新宿バルト9にて舞台挨拶が行われた。登壇者は阿知賀女子学院麻雀部(主役・桜田ひより、伊藤萌々香(フェアリーズ)、恒松祐里、渡邉幸愛(スパガ)、中山莉子(エビ中))、対戦校の白糸台高校(浜辺美波、志田友美(夢アド)、日比美思(Dream5)、RaMu、岩田華怜(元AKB48))そして小沼雄一監督。

前作でタイトルロールの宮永咲を演じた浜辺美波(『君の膵臓を食べたい』)が、今作ではラスボス的な存在である咲の姉・宮永照をどのように演じるかがもうひとつの注目すべきポイント。

180A6058s川口智美(MC)、中山莉子、渡邉幸愛、恒松祐里、伊藤萌々香、桜田ひより、浜辺美波、志田友美、日比美思、岩田華怜、RaMu、小沼雄一監督

 

冒頭の挨拶では、小沼監督が「萌えファンタジー系マンガ原作で2作目が作られるのは本当の奇跡!」と胸を張ると、館内から大拍手を浴びた。

阿知賀女子は、本作の主題歌『笑顔ノ花』が阿知賀女子麻雀部のメンバーによる歌唱であることを紹介した。伊藤萌々香は、「私はフェアリーズというグループで活動しているのですけど、(今回)アイドルグループや女優さんと歌う機会があるとは思っていなかったので、すごく嬉しかったです。また、(1月17日発売のCD+DVDに収録されている)PVには素の姿が詰まっている」など、渡邉たちと一緒にCDの宣伝を行っていた。

180A6020s

一方の白糸台は、昨年夏猛暑の中での撮影だったことをエピソードとして明かした。志田友美は「最初のクランクインが屋上だったので、メチャクチャ焼けた!」、そして岩田華怜も「私の制服はVネックだったので、V字型に焼けて海大好き人間みたいだった」と続けた。RaMuは浜辺のことを「皆でモニター見ながら、美波さんが美しくて美しくて、異次元だよね」と讃えると、浜辺も「この角度で耐えられるのはこの子(RaMu)しかいない」と肌の綺麗さを褒め讃えていた。

何年か経って『咲-saki-阿知賀編』を振り返ったら?というMCからの問いかけに対し、

浜辺は、「高校1年に“咲”、高校2年で阿知賀編の“照”を演じて、私にとって青春かなと思っています。夏は毎年『咲』に捧げているので、18歳になって、労働基準法も緩くなって(笑)、3年目が加わったらいいなと。そうなれば『ずっといいなと想い続けられる作品』になると思います」と、3作目の製作を訴えた(会場大拍手)。

180A5889s

桜田「『咲』は、ドラマ、映画の主演、CD、ミュージックビデオなど、初めて!が詰まった作品。5年後、10年後、いくつになっても初心に戻れる作品だと思います」

伊藤「思い出深い作品になるのだろうと思います。5年後にメンバーで集まって、思い出話をしたいです」

志田「二十歳の夏に麻雀をを捧げたという思い。5年後26歳になって、5年前の自分には『シブいことをしているね』と言ってあげたいです」

岩田「萌え系ファンタジーのレジェンド的な作品になっていくのでは。自分が出演したことが誇りになっていくと思う」などとそれぞれが『咲』への熱い想いを語っていた。

180A6111s

そして、登壇者全員により大ヒット祈願!サイン入りの麻雀パイが観客に投げ込まれ、大いに盛り上がったところでイベントが終了した。

180A6063s

原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
©
小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト」
公式サイト:http://www.saki-project.jp
2018
120日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

関連記事


Page Up