Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

いよいよ公開の映画『羊の木』錦戸亮、北村一輝、優香ら神田明神を参拝!

2018/1/25 07:10

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『羊の木』(2月3日(土)公開)の大ヒットを祈願して、1月25日(木)主演・錦戸亮、北村一輝、優香、そして吉田大八監督が神田明神を参拝した。錦戸自ら溶接した鉄製の“羊の木”に4人それぞれの願いを書いた絵馬が掛けられた。吉田監督の願いは「羊の木大ヒット」、そして他の3人は揃って「健康」を祈願した。

180A6783s

本作は、山上たつひこ、いがらしみきおによる傑作コミックを映画化したもので「第22回釜山国際映画祭」キム・ジソク賞を受賞。心揺さぶる衝撃と希望のヒューマン・サスペンス話題作だ。市役所職員の月末(錦戸)は元受刑者で元殺人犯6人の移住受け入れを命じられた。受刑者を仮釈放させ、過疎化が進む町で受け入れるという国家の極秘プロジェクトだったが・・・。

「公開が間近に迫ってきて、ワクワクしている」という吉田監督は「(試写会をご覧になった方から)俳優に関する感想・質問が多いです。北村さん(元受刑者・杉山役)はいつもに増して怖かったです。もしかして、すごくいいやつですか?とか。優香さん(元受刑者・太田理江子役)がスゴく色っぽかったですとか。錦戸さんは、どうしてあんなにクシャクシャして見えるんですか?とか」。

錦戸は「僕も、すごく言われるんです。『ステージとは全然違いますよね。どうやってオーラを消しているんですか?』って(笑)」と苦笑していた。

180A6725s

優香も「皆さんの思う(優香の)イメージとかけ離れているからだと思います。観た方から『エロかったね』と言われるのは、なんかうれしいなと思いながら・・・。キャラの濃い6人の中に自分が混じったとき、どんな風になるのだろうと不安でした。監督から『一番犯罪者に見えない方がいい。隙があって、思わず出てしまう色気』と言われ、周りにそういう人がいるかなと考えながら演じました」と苦心したことを明かした。

180A6602s

北村は「(受刑者は別々に撮られていて、試写を観て)優香ちゃん綺麗だなと思いましたし、それぞれがどういう風に撮ったんだろうと気になっていた」とコメント。また、「(本作について)作品性が高く、近年こういう作品が少ない。世界観がある映画」と高評価することも忘れなかった。

ここで、錦戸が特別に作ったという鉄製の“羊の木”が登場。錦戸は「昨日、僕が鉄を切って、全部溶接した」ことを説明。さらに「(作るのに)1時間かかっていないです。すごく楽しかったです」と自慢気であった、この鉄製“羊の木”に4人の願いが書かれた絵馬が吊され、これからご祈祷される。絵馬に書かれたそれぞれの願いは?

180A6669s

吉田監督「『羊の木』が大ヒットしますように!(吉田監督のファーストネーム大八に引っかけ)大が8つ!」

優香「健康で心豊かでいられますように!心も体も健康で、余裕をもって、いろいろなことに取り組みたいです」

北村「似ているんですけど。健康管理!(笑)。もうすぐ50なんですけど、一作品に必ずひとつ怪我をするんです。前もって健康管理をしたいな」

錦戸「済みません!僕も『無病息災』です!体が資本ですから、少しでも長生きしたいなと思います」と、3人が揃って「健康」を祈願することで、マスコミ会見は無事終了した。

180A6827s

公式サイト:http://hitsujinoki-movie.com

23日(土)より全国ロードショー

関連記事


Page Up