Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

東京03スペシャル公演大はしゃぎライブこと「東京03 FROLIC A HOLIC」川栄李奈が顔で選んだカッコイイ男は?

2018/2/23 04:56

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

東京 03 スペシャル公演 FROLIC A HOLIC 2018 『何が格好いいのか、まだ分からない。』。初日当日の222日(木)、日本青年館ホールにて公開ゲネプロおよびゲネプロ後の囲み挨拶が行われ、囲み挨拶に、東京 03(豊本明長、飯塚悟志、角田晃広)、おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)、浜野謙太、ジェントル久保田、塚地武雅、川栄李奈、そしてお笑い作家のオークワが登壇した。

180A8489s

後列:オークワ、ジェントル久保田、塚地武雅、浜野謙太
前列:東京03(豊本、飯塚、角田)、川栄李奈、おぎやはぎ(小木、矢作)

 

3人組人気芸人東京03 とオークラが大好きな仲間たちと始めた 「東京03悪ふざけ公演」。この度新たな仲間が加わり約3年ぶりの上演となる。

すでに完売されている本公演だが、ライブビューイングを劇場で楽しめるという。その見どころについて、作・演出を手がけたオークラは、「コントライブというかジャンルの人が集まっていろんなモノを見せる舞台になればいいなと思う。最近TVでも、コント番組、お笑い番組が減ってきたので・・・」とコメント。すると、「固いなあ、何の面白みもない(笑)!」(矢作)、「脚本家だもん(笑)」(飯塚)と応酬。 

毎回ゲストが異なるのも見どころのひとつで、22日当日公演のゲストは川栄と塚地。ゲネプロでの演技について「緊張しました。でも愉しかったです」と応えた川栄が練習について問われ、小木が「来てないよね!」とコメント。川栄は笑いながら「1回だけ」と返答。「ただ、台本を最初から見ないでやってましたからね」(角田)、「1回の稽古で、そんなことあり得るのか。(稽古で)2時間いなかったからね。ささっと帰っちゃったから」(矢作)と大盛り上がり。

180A8220s180A8350s180A8449s

一方、出番が少ない塚地は「ちょうどイイです。(待ち時間に舞台を)観て、すごく楽な気持ち出れるので、あのくらいのボリュームが一番いいです。ゲネプロから、試したいコトがいっぱいあるんですよ。でもそれをやっちゃうと(本番での)新鮮味がなく、ジレンマですよ」と、さすがプロのコメント。

また、2日目以降のゲストも「スゴイ人(23日バナナマン、玉井詩織、24日バカリズム、千葉雄大、25日山崎弘也、飯豊まりえ)ばかりで、リハでもメチャクチャされてましたから」(飯塚)、ということで、公演がとても楽しみだ。

180A8426s

公演名『何が格好いいのか、まだ分からない。』に引っかけ、この中で誰が格好いいか?という質問が川栄に投げられ、川栄は「顔ですか?」。「顔でいいよ」と塚地、飯塚が「なんで?自信あんのか~?」と突っ込む。そして川栄の答えは「トータルで浜健(浜野謙太)さん。何度か共演させていただいたので選ばせていただきました」。「逃げたね」(角田)のあと、間髪入れず、顔だとどなたになりますか?の質問に、川栄は躊躇なく「顔だと、矢作さんで!お目々が可愛らしくて」。

本番に向けての意気込みについて、角田の言葉「間違いなく面白いライブ。また、ジャズバンドがかっこいい(Gentle Forest Jazz Bandのリーダー、ジェントル久保田に向かって)」で纏まったと思いきや、矢作が「あらためて、このポスター見たけど、笑えるライブのポスター?」。オークラは「格好よくない人たちが、いろいろ格好つけるってことは、いろいろ方向性があるぞってことが言いたくて・・・」とコメントすると、「相変わらずのコメントだね」(矢作)、「やめなさい!聞いておいて」(飯塚)。

180A8326s

大杉漣さんのご不幸についても話題になり、川栄は「びっくりしました。去年初めて映画でご一緒させていただき、まだ映画が完成していないので、初日をご一緒に迎えたかったという気持ちが大きいです」とコメントした。

そして、最後の最後に話が戻って、『何が格好いいのか、まだ分からない。』に因み、お互いかっこいいと思っていることは?の質問。メンバーが悩んだ結果、矢作が「東京03と久々一緒にやると(自分たちと比べ)覚えるのが早い。だからカッコイイと思う!」と讃え、飯塚が「2、3回でぱっと覚えて。確かに早いかもしれない」と答える。そこで、塚地が「お笑いパシュートみたいなことありますね」(全員笑)、飯塚「人数だけじゃないか。そこの部分しか(報道に)使われないと思う()」。

さすが、旬なお笑いメンバーが揃った愉しいインタビューに終始。このあとは、もっともっと愉快な本番が待っている。

180A8372s180A8260s

東京03 FROLIC A HOLIC「何が恰好いいのか まだわからない。」
222日~225日 日本青年館ホール  チケット完売
225日ライブビューイング放映
http://www.tokyo03frolicaholic.jp/

関連記事


Page Up