Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル「HEADS UP!」東京凱旋公演開幕!主演・哀川翔のCDも発売!

2018/3/3 05:31

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

ラサール石井によるオリジナルミュージカル「HEADS UP!」の東京凱旋公演が32日開幕。開幕に先立ち、主演の哀川翔、相葉裕樹、橋本じゅん、青木さやか、池田純矢、大空ゆうひ、中川晃教、そして原案・作詞・演出を務めたラサール石井による囲み取材、およびフォトコール上演が行われた。

180A8544s

後列:池田純矢、橋本じゅん、青木さやか
前列:大空ゆうひ、相葉裕樹、哀川翔、中川晃教、ラサール石井

 

本作は、とあるミュージカルの仕込みから閉幕後のバラシまでを劇場の裏方に焦点をあてて描いたミュージカルで、ラサール石井が自身舞台作品に携わるたびに、スタッフの厳しさや苦労などに感じ入り、10年以上温めていた構想を具体化したもの。201511KAAT神奈川芸術劇場で初演され、第23回読売演劇大賞演出家部門優秀賞を受賞。再演を希望する声に応え、公演規模を拡大し昨年末KAATを皮切りに、富山、長野、大阪、名古屋公演を経て、32日より12日までTBS赤坂ACTシアターにて東京凱旋公演が行われる。

冒頭、石井は「これだけの売れっ子の皆さまが、練習と本番で5ヶ月も空けていただいたのは奇跡的」とキャストへ感謝の意を表し、各地の反応は「スゴく良かった。涙が出るくらい、うれしかったです」と十分な手応えに満足げであった。さらに、石井カンパニーの家族的つながりについて「2年前、初演の時に作ったグループLINE1日も途切れず続いている」ことを明かした。カンパニーのムードメーカー、哀川が「4時半頃『今から釣りに行ってきま~す』、8時頃には『釣れました』、12時頃には『食べてま~す』。それに皆が『それ、おいしそうですね』って(石井)」と応酬することで、長続きしているとのこと。

180A8810s180A8837s

今作でも前回同様舞台監督役を務めた相葉は「前回は必死だったが、今回は地方も回ったり、(哀川と)魚釣りに行ったり()、カンパニー全体がさらに濃く、深くなった感じ」と一層の手応えを強調した。橋本は「翔さんが参加いただいたのが大きな奇跡。ムードメーカーとして、直接お客さまに伝わったみたいで、こんなに喜んでいただける作品があるのかと思って・・・」、さらに青木も「お客さまの興奮がスゴイです。私も稽古からずっと言ってますけど、何回観てもおかしくて、どんだけ面白いんだよ」、そして大空は「各地方のお客さまがスゴく喜んでくださって、いっぱい栄養を貰った気持ち。お客さまの栄養で『HEADS UP!』が育って、千秋楽までさらに進歩できるようにしたい」、中川「皆さんに育てていただいたことを120%舞台上でお返しできるよう頑張っていきたい」など、それぞれが異口同音、お客さまへの感謝を口にした。

180A8701s180A8876s

そして最後に、哀川による劇中歌「再戦~終わっちゃいねえぜ~」を含む25年ぶりとなるCDが発売になることが明かされた。カブトムシ好きの哀川のために石井が作詞した『カブト虫』もカップリングされている。「カブト虫音頭みたいなもの想像しているのと、違います。都会に出てきた自分の若い頃を思うみたいな。長渕さんの『トンボ』を意識して作りました(石井)」と説明。哀川は「(カラオケで)aikoの『カブトムシ』を歌おうと思ったら、俺のカブト虫が出てくるからね。歌ってもらわないと困っちゃうよ」と笑いを誘った。劇中歌「再戦~終わっちゃいねえぜ~」はいつ出てくるか?について、石井は「カーテンコールで歌うようにしたんです。『終わっちゃいねえぜ』って」とコメントした。

180A8734s

ミュージカル「HEADS UP! /ヘッズ・アップ!」
2018年3月2日(金)~12日(月) 東京凱旋公演
TBS赤坂ACTシアター
公式サイト:http://www.m-headsup.com/
公式ツイッター:@KAATHEADSUP


 

関連記事


Page Up