Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

WOWOW「コールドケース2 ~真実の扉~」場面写真初解禁&主演・吉田羊コメント到着!

2018/3/11 07:53

絶賛撮影中!!WOWOW「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」

現場から主演、吉田羊のコメントが到着!!

シーズン1を超える魅力が詰まった場面写真を特別に解禁!

「コールドケース2」:場面写真①s新たな未解決事件の資料を囲む捜査一課のメンバー。左から立川、百合、本木、金子、信次郎

 

現在撮影真っ最中のWOWOW「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」。現場から主演・吉田羊のコメントが到着。さらに、厳選された場面写真が今回特別に解禁された。

ジェリー・ブラッカイマー製作総指揮で2003年から2010年まで全7シーズンにわたりアメリカ・CBSで放送され高視聴率を記録し、全世界でも大ヒットを記録。未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”を扱う捜査チームの活躍を描き、本国アメリカでは全シーズンの平均視聴者数が1000万人を超えるなど世界中の人々に愛されたドラマシリーズだ。オリジナル版ではフィラデルフィアが舞台だったが、日本版では舞台を神奈川に移し、実力派女優・吉田羊が主演を務め、神奈川県警捜査一課の中でチームを引っ張る主人公の女性刑事・石川百合役を好演。また、百合を支える年下の相棒であり、熱血漢が魅力でもある若手刑事・高木信次郎役を永山絢斗。チームのムードメーカーである立川大輔役を滝藤賢一。豊富な捜査経験で皆を支える金子徹役を光石研。メンバーから“代理”と呼ばれ、頼られるボス・本木秀俊役を三浦友和。話題となったこの豪華レギュラーキャストは、今作でも続投!

スタッフ陣も豪華な面々が名を連ねる。前作では全10話をすべて手掛けた大ヒット「SP」シリーズの波多野貴文監督に加え、「連続ドラマW 石の繭」や「相棒」シリーズなどを手掛ける内片輝監督、さらに「バイプレイヤーズ」を手掛けた守下敏行監督が参戦。 さらに、『シン・ゴジラ』で第40回日本アカデミー賞・最優秀撮影賞を受賞した山田康介が前作に続き撮影監督を務める。脚本家は、前作を手掛けた『友罪』、『64-ロクヨン- 前編/後編』の瀬々敬久、『RAILWAYS』シリーズ第3作『かぞくいろ』が控える吉田康弘、谷崎潤一郎原作を見事に脚色した話題のドラマ「平成細雪」の蓬莱竜太という豪華メンバーに加え、「連続ドラマW 北斗 -ある殺人者の回心-』の脚本・監督を務めた瀧本智行、第25回読売演劇大賞優秀作品賞受賞作「怪人21面相」の野木萌葱、「破門(疫病神シリー ズ)」を手掛けた酒井雅秋が今回新たに参加し、WOWOWでしか見ることのできない豪華タッグが実現。そして、音楽は前作に続き「8年越しの花嫁 奇跡の実話」で第41回日本アカデミー賞・優秀音楽賞を受賞した村松崇継が担当している。

この度、吉田羊演じる石川百合、永山絢斗演じる高木信次郎、滝藤賢一演じる立川大輔、光石研演じる金子徹、三浦友和演じる本木 秀俊という捜査一課メンバーが事件に挑む姿を捉えた場面写真を今回特別に解禁!銃を手に事件現場へ突入する百合の姿や激しい雨の中険しい表情で立ち尽くす本木と信次郎のほか、事件現場に駆け付けた彼らの姿や捜査会議の様子が捉えられている。 さらに現在撮影真っ最中の現場からは主演・吉田羊のコメントが到着!チームの結束力が高まり、吉田自身も前作を超えると確かな自信を抱いている様子だ。そして未だベールに包まれている内容についても“「孤独」や「裏切り」が大きなテーマ”とコメント。さらには前作で描かれなかった捜査一課メンバーのパーソナルに触れるエピソードも多いとのこと。続編へ向けた予習として3月19日15時~シーズン1の再放送も決定。ますます期待が高まる「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」から目が離せない。

「コールドケース2」:場面写真②s「コールドケース2」:場面写真③s「コールドケース2」:場面写真④s「コールドケース2」:場面写真⑤s

                                    衝撃の結末を目撃し、激しい雨に打たれながら立ち尽す信次郎(左)本木(中央)百合(右)
                                    人気のない夜の捜査一課にて。緊迫した表情で対峙する百合(左)と本木(右)
                                    銃を握りしめ容疑者の潜伏現場に突入する百合
                                    事件現場に駆けつける捜査一課のメンバー。左から信次郎、百合、立川、金子

 

吉田羊(石川百合 役)コメント
■続編の現場について、シーズン1と比べて新たな発見など
お馴染みの共演者・スタッフ、前回と同じロケーションなど、見るもの全てに「ああ帰ってきたな」という安心感があります。撮影初日、いつもの取調室シーンで、百合が容疑者を問い詰める場面で、「百合が帰ってきたぁ!」と監督から思わず声が漏れたのは嬉しかったです。今回は、捜査一課メンバーのパーソナルに触れるエピソードが多く、この人にこんな過去があったのかと、仲間を再発見する思いで演じています。

■捜査一課メンバーとのチームワークについて
いい意味でそれぞれ自立しているメンバーですので心地よい距離感は変わらず、加えて、前シリーズの、赤松の事件を経て、より絆が深まりチームワークも良くなったなと感じています。特に高木役の永山さんとは、前回よりも多くコミュニケーションを図れているなと感じていますので、その信頼関係がバディとしてのお芝居に反映されればいいなと思います。

■クランクアップに向けての意気込みとシーズン2を待っているファンの皆様へメッセージ
今回は、全編を通して「孤独」や「裏切り」が大きなテーマとなっているように思います。人間らしいその危うさを、捜査一課メンバーが時に不器用に、時に強く掬い取っていきます。シーズン1以上に熱く、慈しみを増した今シリーズを是非楽しみにしていてください。

<番組概要>
■番組名:WOWOW「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」
■放送日時:今秋、WOWOWプライムにて
■監督: 波多野貴文(「SP」シリーズ、「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」)
    内片輝 (「連続ドラマW 「石の繭」「水晶の鼓動」殺人分析班シリーズ、「相棒」)
    守下敏行 (「バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」)
■脚本(話数順):吉田康弘 (「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~ 」)
         酒井雅秋(「破門(疫病神シリーズ)」)
         野木萌葱(「怪人21面相」)
         瀧本智行(「連続ドラマW 北斗 -ある殺人者の回心-」)
         蓬莱竜太(『ピンクとグレー』)
         瀬々敬久 (『友罪』)
■音楽:村松崇継 (『メアリと魔女の花』)
■撮影監督:山田康介(『シン・ゴジラ』)、榊原直記
■出演:吉田羊 永山絢斗 滝藤賢一 光石研 / 三浦友和
©WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

 

関連記事


Page Up