Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

井浦新×成田凌 映画『ニワトリ★スター』初日舞台挨拶 成田凌が結弦くんのポーズ披露!

2018/3/18 06:28

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

井浦新、成田凌のW主演映画『ニワトリ★スター』が317()初日を迎え、ヒューマントランスシネマ渋谷にて舞台挨拶が行われ、大きな拍手のなか、主演の二人に加え、紗羅マリー、LiLiCo、ぺロンヤス、シャック、マグナム弾吉、そしてメガホンを取ったかなた狼(おおかみ)監督が登壇した。

180A0121ssかなた狼監督、ペロンヤス、紗羅マリー、成田凌、井浦新、LiLiCo、シャック、マグナム弾吉

 

冒頭、くたびれた大麻の売人役草太を演じた井浦は「初日に観に来てくださってありがとうございます。本当にありがとうございます!」と挨拶し大歓声を浴び、続いて、草太と一緒に住む楽人を演じた成田は、王子様のような出で立ちで「羽生結弦です(笑)」と挨拶。結弦くんポーズの要求にも応じ、会場から大喝采を浴びた。そして、「この日を迎え、本当に幸せです!(本作は)自信あります!」と続けた。

180A0037ss

二人が住むアパートの管理人役・LiLiCoは「普通の管理人ではございません!」と自己紹介した上で「J-WAVEの『ALL GOOD FRIDAY』や『王様のブランチ』で、この作品を紹介できたことが嬉しいです。最初と最後のギャップ(がすごく)、生きる力をもらえますので愉しんでください」と挨拶した。

かなた監督は「この作品は僕たちの全て。途中までは、女性の方には辛いところがあるかもしれないですけど、それによって本当に伝えたいものが、最後に強調される作品になっている」と見どころをアピールした。

180A0105ss

かなた監督とは10年来の付き合いという井浦は「初めて会ったとき、(監督から)『オレは映画を作るから、そのときオマエは役者として参加してくれ』って。今日こうやってスクリーンに上映され、(グッと)来るものがありますね」と感慨深げに語った。

月海を演じた紗羅マリーとのシーンが多かった成田は「(撮影の前に、沙羅と)2時間、手を取って、目を見て、全てを話す時間があって‥。(撮影が)終わってからも、紗羅マリーは恋人じゃないけれど、僕にとって特別な人になっていますね。監督がそういう贅沢な時間を与えてくれて感謝しています」とコメントすると、紗羅も「本当に幼なじみみたいな感じで、何も隠す部分がないという感じ。初めて演技したんですけど、安心してできました」と二人で息の合った演技ができたことを思い返した。

一方、草太と楽人の関係について、井浦は「自然ですね。劇中でなくても自然にやっていました」とドキュメントを観ているような関係性を築いていたという。

180A0103ss

LiLiCoは自身の役柄について「監督の愛と熱意を感じて、今回は過激な役を演じました。(出演は)冒頭だけなんですが、成田君は私の後ろを見ています。映画を観ていただければ分ります(実は二人のセックスシーンらしい)。今はスーパースターですけど、(2年前の撮影)当時はとってもやさしくてかわいくて」と振り返った。

井浦はLiLiCoとの競演について「撮影のファーストシーンだったんです。LiLiCoさんが現場に落としていった熱量が基準になるので、最初からハードルを上げてくださったので、その熱量がそのまま映っています」とLiLiCoに讃辞を贈った。

180A0133ss

自称ラッパーJAYを演じたペンヤロス(スペイン語で“禿げ”という意味)は「監督から『これからはlove and hateになるぞ!オレのこと絶対に嫌いになるから』と言われ、実際1年間地獄でした。本当に病んで禿げるんとちゃうかなと」と語り、当然「禿げてまんがな」と突っ込まれ、笑いを誘った。

かなた監督が「スナック“菊熊”の菊(シャック)、熊(マグナム弾吉)、JAY、管理人、月海、楽人、草太の名前で呼ぶことはない。自分が愛してやまないキャラクターとはお別れの日。これからも撮り続けたとしても、この作品を超えるものはないんだろうなと思います」と感慨深げに語り、最後に井浦が「僕らの思いだけで映画は完成するのではなく、お客さまが観に来てくださるから。飛べないニワトリを飛ばしてくださったのは本当に皆さまお陰です。有難うございます。目を覆いたくなる、心に迫ったくる部分があるかもしれませんが、最後には皆さまの心の中になにか光が残るはず」と挨拶し、舞台挨拶を締めくくった。

180A0165ss

©映画『ニワトリ★スター』製作委員会
公式サイト:http://niwatoristar.com
317()より、ヒューマントランスシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
324()よりシネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋にて公開

『ニワトリ★スター』メインs

 

関連記事


Page Up