Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』TAKAHIRO、岩田剛典らの作品に麻生久美子、池松壮亮、夏帆、共演!

2018/3/28 04:37

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-

TAKAHIRO、岩田剛典らの作品に麻生久美子、池松壮亮、夏帆、共演!

622()全国公開

ウタモノガタリ解禁素材①

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』が、今年20周年を迎えるショートショート フィルムフェスティバル & アジア[略称:SSFF & ASIA開催:6月4日(月)~24(日)]内でプレミア上映後、6月22日(金)全国公開される。本作は、作詞家でプロデューサーの小竹正人の6つの詩から生まれた、6つの新しい楽曲と、全6編の作品で綴る映画。

この映画は、EXILE HIROとSSFF & ASIA代表を務める俳優の別所哲也、そして、EXILEや三代目 J Soul Brothersなどに歌詞を提供してきた作詞家・小竹正人の3人によって打ち出された、詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト<-CINEMA FIGHTERS project->の最新作。

この映画でしか聴けない6つの新曲を、EXILE TAKAHIRO、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY’ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPというLDHを代表する6組のアーティストが歌い上げる。さらには、その世界観を6名の監督が映像化!

松永大司監督の『カナリア』には、TAKAHIROを主演に、塚本晋也、夏帆が共演。
石井裕也監督の『ファンキー』には、主演・岩田剛典のほか、麻生久美子、池松壮亮が脇を固める。
『アエイオウ』(安藤桃子監督)には白濱亜嵐、木下あかり、奥田瑛二。
『Kuu』(平林勇監督)には石井杏奈、山口乃々華、坂東希。
『Our Birthday』(Yuki Saito監督)には青柳翔、佐津川愛美、芦名星。
『幻光の果て』(岸本司監督)には、山下健二郎、加藤雅也、中村映里子と、LDHキャストに加え、映画界を代表する俳優たちが結集している。

TAKAHIRO コメント
今回の作品を通して初めて松永監督とご一緒させていただいたんですが、役者業を始めてから歩んできた道や、いち人間として僕がどういうふうに歩み生きてきたのかということを、すべてさらけ出されたような経験でした。
そしてその経験をどのように、いかにカメラの前で表現すればいいのか。そこに対する姿勢や、役との対峙の仕方を監督に引き出してもらえたことで、ようやく役者としてスタート地点に立てたような気がしています。“ショートフィルム”という限られた短い時間のなかで、出演者と画だけでストーリーの内容を始め、ストーリーには描かれないけれど、そこに付随する時間や記憶、出来事などを、ご覧いただく方々に伝えるというのが難しいところ。
でも難しいからこそやりがいや醍醐味を感じますし、限られた時間だからこそ、より濃密にせつなさや温かさ、悲しさを集約できるのがショートフィルムの魅力だと思います。
どうかまた今後も参加できるように引き続き頑張っていきたいと思います。

岩田剛典 コメント
今回石井裕也監督と初めてご一緒させて頂いたのですが、本当にクリエイティブな方で脚本にも石井監督のエッセンスがたくさんちりばめられていました。そして、出来上がって初めて見た映像は、現場ではなかなかイメージ出来なかった世界観が表現されていました。というのも、今回の楽曲「東京」を、僕は女性目線の失恋の曲だと思っていたのですが、鬼才・石井裕也監督がこの楽曲を聴いたインスピレーションだとこんなにも独特な世界観になるんだな、という印象を受けたからです。作品を観たら感じてもらえると思いますが、テーマとなった楽曲と映像の世界観がここまで対になっている作品はなかなかない。稀に見る作品になっていると思いますので、そこを醍醐味にして楽しんでもらいたいです。

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』
SSFF & ASIAにてプレミア上映後、6月22日(金)より全国公開

 

関連記事


Page Up