Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

沢尻エリカ・主演 映画『猫は抱くもの』”舞台の貴公子”柿澤勇人が一人二役サイテー男を熱演

2018/4/13 10:58

沢尻エリカ・主演

映画『猫は抱くもの』

舞台の貴公子柿澤勇人が一人二役サイテー男を熱演

0328_DSC6441-(002)0328_DSC04584-(002)

沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』(623日(土)全国公開)で1人2役を演じる舞台俳優:柿澤勇人の場面写真が解禁された。

柿澤は劇団四季出身で、近年では『デスノート The Musical』で浦井健治と共にダブルキャストで主役を務めるなど、次世代を担う実力派若手俳優として活躍しており、現在はミュージカル『メリー・ポピンズ』に出演中。また、柿澤の曾祖父と祖父は共に浄瑠璃と三味線で人間国宝を受賞している筋金入りの芸事一家で、優れた血統と確かな実力を併せ持つ。

本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”良男(吉沢亮)が、自分らしい生き方を見つけていく物語で、こじらせた1人と1匹の、妄想とリアルが入り混じる演出が見どころ。

柿澤は本作で過去と現在で一人二役を演じる。過去では沙織の所属するアイドルグループに近づくTV局のプロデューサー・ササキ、現在では沢尻が勤めるスーパーの本社社員・高橋という人物だ。いかにも業界風なプロデューサーとして、また一見好青年ながら沙織に手酷い裏切りを加える上司として異なるサイテー男を演じている。沙織はこの2人のモテ男に、フラれてしまい益々、自信を失い、こじらせ街道まっしぐら…と沙織の人生に大きな影響を与える役という重要な役どころだ。

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
企画製作・配給:キノフィルムズ
©2018「猫は抱くもの」製作委員会
公式サイト: nekodaku.jp
6月23日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー!


 

関連記事


Page Up