Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

太賀、吉田羊による迫真の演技が詰まった特報解禁!感涙の実話を映画化『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

2018/5/11 10:00

太賀、吉田羊による迫真の演技が詰まった特報解禁!

感涙の実話を映画化『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

メイン場面写真

太賀が主演を務め、吉田羊との共演で話題の『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(201811月公開)の特報映像、場面写真が解禁された。

親からも友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、母から愛をつかみ取るまでの感動の実話を映画化。せつなくも、どこまでも温かい愛に包まれた原作は、糸井重里氏から「心臓が、なんどもぎゅうっとなった」と絶賛コメントが寄せられた。映画化にあたり主人公のタイジを演じるのは若手俳優のなかでも高い演技力を誇る太賀。母を演じる吉田羊は、さわやかなイメージを覆すほどの鬼気迫る熱演を披露。監督は、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や『ドラマW ダブル・ファンタジー』の御法川修。

解禁された特報では、「あんたなんか生まなきゃよかった」と泣き叫ぶ母の衝撃的なセリフから幕を開ける。太賀の目に溢れる涙や感情を露わにする痛切な場面、さらには吉田演じる母のさびしげな横顔が次々と映し出され、心を揺さぶられる感動の物語を予感させる。併せて解禁された場面写真は、特報の緊張感とは一転、仲むつまじい親子にしか見えない太賀と吉田が映し出されている。映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は11月に全国ロードショー。

太賀、吉田羊、森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、木野花
原作:歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)
監督:御法川修 脚本:大谷洋介
配給・宣伝:REGENTS
©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
公式サイト:hahaboku-movie.jp
201811月より全国公開!


 

関連記事


Page Up