Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

真野恵里菜主演 映画『青の帰り道』第18回「ニッポン・コネクション」(ドイツ)への出展決定!

2018/5/18 03:47

真野恵里菜主演映画『青の帰り道』

2018年冬の日本公開に先駆け、

18回「ニッポン・コネクション」(ドイツ)への出展が決定!

映画「青の帰り道」_ティザービジュアルS

529日からドイツ・フランクフルトで開催される「ニッポン・コネクション」に、真野恵里菜主演映画『青の帰り道』(洋題:We are)が出展され、藤井道人監督と出演者を代表して横浜流星がワールドプレミアで舞台挨拶が行われる。

「ニッポン・コネクション」は世界最大の日本映画専門の映画祭で、18回目の開催を迎える今年は「ニッポン・シネマ」、「ニッポン・ヴィジョンズ」、「ニッポン・アニメーション」、「ニッポン・レトロ」、「ニッポン・キッズ」、「ニッポン・カルチャー」の6部門、合わせて100本以上の長編短編映画が上映される予定。「ニッポン・シネマ」部門へは本作品の他、「孤狼の血」・「空飛ぶタイヤ」・「三度目の殺人」等の映画作品の出展が決定している。前回17回の「ニッポン・コネクション」では、西川美和監督作品「永い言い訳」がニッポン・シネマ賞 Nippon Cinema Award 2017を受賞。同映画祭は上記の映画部門の他にも、日本文化を紹介するワークショップ、コンサート、パフォーマンスやアート展示など多彩な文化プログラムが展開されることから、ヘッセン州の最も大規模で重要な文化イベントの1つと言われている。

映画『青の帰り道』(洋題:We are)は、群馬県前橋市と東京を舞台にした7人の若者達の青春ドラマで、それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいくストーリー。

主人公のカナを演じるのは、映画「坂道のアポロン」「不能犯」「君と100回目の恋」への出演の他にドラマ、CMなどマルチな活躍が著しい真野恵里菜。舞台「新世界ロマンスオーケストラ」や劇団新感線「修羅天魔~髑髏城の七人season極」など大型舞台へも出演し多方面にて活躍中の清水くるみ、映画「兄友」「虹色デイズ」「愛唄」と主演作が控えている横浜流星など。

出演:真野恵里菜
清水くるみ/横浜流星/森永悠希/戸塚純貴/秋月三佳/冨田佳輔
工藤夕貴/平田満
監督:藤井道人  原案:おかもとまり  脚本:藤井道人/アベラヒデノブ
配給:NexTone  配給協力:ティ・ジョイ
©映画「青の帰り道」制作委員会 ©2018 Nippon Connection
公式サイト:http://aono-kaerimichi.com
2018年冬、公開予定


 

関連記事


Page Up