Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

King & Prince 永瀬 廉 初主演映画 『うちの執事が言うことには』 クランクアップ!衣更月蒼馬 役は清原 翔

2018/7/6 11:35

King & Prince 永瀬 廉 初主演

映画『うちの執事が言うことには』クランクアップ!

衣更月蒼馬 役は清原 翔

第1候補9A3A3870_11s

King & Prince 永瀬廉の初主演映画『うちの執事が言うことには』(高里椎奈著/角川文庫刊)の撮影がクランクアップを迎えた。

英国帰りで社交界の名門・烏丸家当主となる主人公・烏丸花穎役を演じる永瀬はクランクアップに際し、「まだまだ未熟な僕だったので、皆さんにご迷惑をおかけしたことも多々あったと思いますが、この1ヶ月間、花穎として本当に楽しく演らせていただきました。僕の初主演映画がこの作品で、一緒に作り上げてくださった方々がみなさんで本当によかったと思っています!」と、感極まった様子で挨拶した。そして、すでに2日前にクランクアップをしていた King & Prince のメンバーであり、 本作では赤目刻弥役を演じた神宮寺勇太がサプライズで駆けつけ永瀬の労をねぎらうと、永瀬の目から大粒の涙がこぼれた。

さらに、本作には欠かせない物語の要となる、烏丸家の執事・衣更月蒼馬役を清原翔が演じてい る。永瀬と清原は、「上流階級」という独特の設定だったため、日本バトラー&コンシェルジュ代表の新井直之氏に所作指導を受けるなどして撮影に挑み、当主と執事という日常では体験しにくい主従関係を初共演とは思えぬほどの絶妙なコンビネーションで魅せている。

監督は、廣木隆一・富岡忠文・平山秀幸・西川美和・李相日などの監督作品に助監督として参加し、映画『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』(16年)やWEBドラマ「火花」(16年/Netflix)でメガホンをとった久万真路。脚本を手がけたのは、『ツレ がうつになりまして。』(11年)『グラスホッパー』(15年)『追憶』(17 年、原案・脚本)の青島 武。日本を代表する国民的俳優・高倉健の遺作となった『あなたへ』では第 36 回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞している。

烏丸家の優雅な朝食時の当主・花穎と、執事・衣更月の場面写真が解禁。若き当主と仏頂面の執事が、名門・烏丸家にふりかかる陰謀や事件の謎を解き明かす。

永瀬 廉(King & Prince)、清原 翔、神宮寺勇太(King & Prince)
監督:久万真路 脚本:青島 武
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会
公式サイト:uchinoshitsuji.com
2019年ロードショー

関連記事


Page Up