Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『ウタモノガタリ』公開記念舞台挨拶 青柳翔登壇

2018/7/7 11:14

映画『ウタモノガタリ』公開記念舞台挨拶 青柳翔登壇

_98R1133s

622日(金)より絶賛公開中の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』 の公開記念舞台挨拶が77() ユナイテッド・シネマ豊洲にて開催され、6作品で構成される本作のうち、「OurBirthday」で主演を務めた青柳翔、監督のYukiSaito、主題歌を担当したJAY’EDが登壇した。

脚本を読んだときの印象を聞かれると、青柳は「まじかと思いました。英語台詞があったので、不安になりました」としながらも、「チャレンジはしないよりしたほうがいいと思いましたし、監督にこれから英語作品にも挑戦するきっかけになってほしいと言っていただいたので、チャレンジしました」と当時を振り返った。

_98R1110s

撮影現場でも緊張したままだったという青柳は、「英語芝居への緊張がスタッフさんにも伝わっていて、2日目に英語芝居が全て終わった時に、青柳さん、英語クランクアップです!”って言っていただいたのが良い思い出でした」と語った。Yuki監督は「勝手にLDH JAPANの人って、みんな英語がペラペラだと思っていたんです」と話し、会場から笑いが起こった。

そして、小竹正人のからどのように作品が生まれたのかという質問が及ぶと、Yuki監督は「お二人の声が呼応するような綺麗な曲でした。最初に聴いただけで、イメージが溢れてくるというタイプの監督もいらっしゃると思うのですが、僕は“これは深いぞ…”と何度も何度も繰り返し聴いて考えました。恋愛の曲なんですが、ただのカップルじゃなくて、2人の間には何か大きな壁がある、そんなイメージを感じました」と、ストーリーを考えるまで聞き込んだといい、主題歌『How about your love?』というタイトルについても、「15分の作品の後 にエンドロールが流れるのですが、映画の中の二人の愛はこういった形でしたが、あなたの愛はどうですか?と問いかけるようなものにしています」と語った。

_DSC4507s

また、主題歌を担当した JAY‘EDは、「普段は映画があって、それに合わせて詩を書いたり曲を作ったりするのですが、今回は楽曲が先行ということで、とても新鮮でしたし、どのような映画ができるのか楽しみにしていました。実際出来たものを観ると、全く予想と違ったストーリーで、エンディングの曲が流れたときには、レコーディングで歌った時のイメージともまた違った印象を感じることができました」と楽曲と映画のコラボレーションに新鮮さをコメント。

_DSC4521s

本作が初タッグとなった青柳とYuki監督はお互いの第一印象について、Yuki監督は「過去の出演策を観ていたので、もっとクールでスタイリッシュな方がいらっしゃるのかと思っていたら、青柳さんが意外と天然で接しやすくてびっくりしました」、青柳は「英語がペラペラだと伺っていたので、びくびくしていました」と述べた。

今回のショートフィルムの製作、そして楽曲について問われると、Yuki監督は「サッカーに例えると、試合時間最初から最後まで全力で走り続けることはできない」とし、「長編作品が緩急をつけながら進むのに対して、ショートフィルムは走り抜けることができるんです。長編でやると怒られるようなサプライズができるのがショートフィルムの魅力だと感じました」と述べ、JAY‘EDは「JAY‘EDらしく歌ってくれと言っていただいたので、気負わずに歌うことができました。今まで色々な女性アーティストとデュエットしてきましたが、鷲尾さんの声は透き通る綺麗な声で、楽曲の切なさをより引き出してくれていたので、それをサポートするような気持でもありました」とコメントした。

映画『ウタモノガタリ』全国公開中!
配給:LDH PICTURES
公式サイト:utamonogatari.jp
コピーライト:©2018 CINEMA FIGHTERS


 

関連記事


Page Up