Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

橋本愛&門脇麦 映画『ここは退屈迎えに来て』《共感必至のもどかしさ》を感じる エモさ爆発の場面写真、一挙公開!

2018/8/3 04:00

映画『ここは退屈迎えに来て』
劇中で描かれる《共感必至のもどかしさ》を感じる
エモさ爆発の場面写真、一挙公開!

ktm_mains

R18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」が映画化、1019日(金)より全国公開される。

本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描かれる、痛く切ない群像劇。何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公<私>を演じるのが橋本愛。元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には門脇麦。そして青春時代にみんなが恋焦がれた、自らの退屈を埋めてくれるであろう「椎名くん」を成田凌が演じているほか、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、実力派俳優陣が脇を固めている。監督はこれまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督が、メガホンをとった。

SUB1sSUB5s

この度本作の雰囲気が伝わってくる場面写真が一挙公開された。茜色に照らされた田舎の風景をバックに、カメラを見つめる「私」(橋本)の印象的な姿、元カレを忘れられずに苦しみ、彼氏でもない男と何となく体の関係を続けてしまっている「あたし」(門脇)が、ホテルのベッドの上でタバコをふかすシーンなど、本作の「青春と、青春のその後をリアルに描いた」世界観が垣間見えるものばかり。

SUB2sSUB3sSUB4sSUB6s

そのほか、「狭い地方都市で、時代や時空を超えるロードムービー」と監督が語るように、どこか見覚えのある、どこにでもあるようなシーンの数々が切り取られている。これらの画像を見れば、「ひりひりするような思い出がぼんやり浮かんでくる」と語る監督の意図そのままに、誰もが忘れられない思い出をきっと思い出すだろう。

© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
配給:KADOKAWA
10月19日(金) 全国公開


 

関連記事


Page Up