Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

尾上松也、大原櫻子、宇宙Six原嘉孝が赤坂サカスでメタルシャウト!『メタルマクベス』disc2イベント

2018/8/15 08:49

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

劇団☆新感線の舞台『メタルマクベス』disc2915日(土)からIHIステージアラウンド東京(豊洲)にて上演される。これに先駆けて、814日(火)、東京・赤坂のサカス広場でプレイベントが行われ、本作に出演する尾上松也、大原櫻子、原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)が登場し、作品の見どころをおおいに語った。

IMG_0496s

本作はシェイクスピアの世界的名作悲劇「マクベス」をもとに宮藤官九郎が脚本を手掛け、いのうえひでのりが演出を施した、劇団☆新感線でも人気の作品。今から200年後の2218年の世界と1980年代を行き来しながら綴られるこの物語は、今回disc1disc2disc3とメインキャストを総入れ替えしながら連続上演される。

松也は本作について「宮藤官九郎さんの独特な世界観をいのうえさんがより広げている作品。世界を見渡してもこんな『マクベス』の世界を作った人はいないんじゃないかな。唯一無二の作品だと思う」と語る。

その松也は2218年ではランダムスター、1980年代ではマクベス魔Ⅱ夜という2役を演じるが、1980年代の役名について「折角なので悪魔の魔、マークⅡのⅡ、そして夜とメタルっぽくアレンジさせていただきました。発音するとまトゥーやです」と笑いを誘った。

IMG_0013s

松也演じるランダムスターの妻であり、1980年代ではローズ、そしてランダムスターに予言をする魔女の「村木B」という3役を演じる大原は、disc1のゲネプロを観にいった時の感想を「松也さんが演じるランダムスターがずっと舞台上にいるので…(隣の松也を観て)応援しています」と笑顔。これには「応援しないで。一緒に出て(笑)」と松也からつっこみが入っていた。

レスポール王の息子、レスポールJr.1980年代ではバンド「メタルマクベス」がデビューするレコード会社の社長の息子・元きよし役を演じる原は「父を殺された上に濡れ衣を着せられる役」と自分の役を説明、「松也さんと仲が悪い役です。裏では仲良いですよ」と自らフォローしていた。

IMG_0348s

ランダムスターとランダムスター夫人の関係について松也は「奥さんが黒幕なんです。基本的に悪い事を指示しているのがこちらですから」と大原を指す。すると大原は「でも(実際に悪事を)やってるのはこっちなんです」と松也に返す。その様を見て松也は「こういう感じなんですよ!」とぼやく見事な夫婦の連携プレイをみせていた。

大原は自身が演じる役について「とんでもない悪女だと思いますね。でもそれは松也さん演じるランダムスターを愛するからこそ。ひたすら夫を愛そうとする人物なんです」と妻としての心境を解説。

なお、稽古場では松也が大原に「手の上で転がされているというより、指の先でコロコロ転がされている感じです。こうみえてしっかりしていらっしゃいますから」と服従している状況を表現。その話を聞いていた原が「稽古を観ていてもすごく自然にやられているので、プライベートでもそうなのでは、という疑いが出てきますよね」とさらに大原に突っ込むと、「やめてくれ!普段は清純です」と大原。その発言に「自分で(清純と)言うんだ…」と松也と原が笑い転げていた。

原が演じるレスポールJr.のビジュアル写真がスクリーンに大きく映し出される。が、「俺、こんなにアゴ割れていたっけ?」と自分の写真を不思議そうに眺める原。そして松也たちに「(アゴ)割れてます?」と自らのアゴをぐいと突き出して見せ、「割れてないよね?事務所もよくこの写真を選んだなあ」などとボソボソ。そんな原はレスポールJr.の役について「松也さんに敵討ちをする場面の怒りや希望などの気持ちをダンスと共にカッコよく披露するので、楽しみにしてほしい」と自身の見どころを紹介。すると「今まで見た事ないようなおもしろいシーンをご用意しております」と松也、さらに大原も「本当にかっこいいんです」とどんどんハードルをあげていく。二人の言葉に原は「こう見えてダンスは仕事(本業)だから!長年やってきてますから!」ときり返すと「これ(『メタルマクベス』)も仕事だよ!」と逆襲され苦笑いしていた。

IMG_0305sIMG_0339sIMG_0414s

ここで大原と原がそれぞれ本番で歌う曲のさわりを披露することに。大原は「魔女の予言」を響きわたる迫力の美声で、そして原はステージのセンターまで出てきて、激しいダンスの前振りから「明けない夜は長い」をものすごく短く歌い、自分でも「短っ!」と口走っていた。

その後は3人で「きれいは汚い、ただしオレ以外」を披露するスペシャルライブが行われる予定だったが、ここでまさかのハプニングが。前奏が流れ、ダンサーがステージ上で踊る中、松也が登場して歌い出すもやや不思議な表情の松也。「ちょっと、止めて!最初からやりなおしまーす!」と自らスタッフに中断を依頼。

そこからしばらくは、スタッフたちが舞台裏で調整に入る。長くかかりそうと判断したのか、松也と司会がステージ上に登場し、せっかくなのでと観客に質問したいことはあるか?と声をかけ、時間かせぎ。さらに大原も登場し、時間を持たせていると、ようやくスタッフから再開の連絡が!改めて「きれいは汚い、ただしオレ以外」を熱唱してイベントは無事お開きとなった。

IMG_0173s

なお、イベント中、本作でグレコ/マクダフ浅利役を演じる浅利陽介が、客席で見学している事に松也が触れると、浅利が両手を振りながら笑顔を見せる。さらにこの日が浅利の31歳の誕生日であることを松也から伝えられると、詰めかけた観客から「おめでとう!」と祝福されていた。

ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 Prodused by TBSは、2018915日(土)から1025日(木)まで、IHIステージアラウンド東京(豊洲)にて上演される。

IMG_0513s

 

 

関連記事


Page Up