Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新里哲太郎による最新作『風の音聞こえず、鈴音が落ちる』開幕!山沖勇輝がいのちの尊厳を描いた人間ドラマに挑む

2018/10/4 07:24

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

新里哲太郎が作・演出を手がける舞台『風の音聞こえず、鈴音が落ちる』のゲネプロ&囲み取材が10月3日(水)に下北沢・小劇場B1で行われ、山沖勇輝と福久あや香、宮下雄也、新里が登壇した。

本作は、新里がプロデュースする舞台公演「tetsutaro produce」の第5弾公演。二人の青年が、連続殺人を犯した後に母への殺人未遂で捕まった父が死刑執行を迎えることで揺れ動く姿を描く。人間の深部に無意識に宿る罪への衝動、その罪へどう向き合うべきなのかという人間の根源的な部分に深く迫った壮大な人間ドラマを展開する。

IMG_3766s(左から)新里哲太郎、福久あや香、山沖勇輝、宮下雄也

 

殺人者の息子として、様々な苦悩を抱えながら生きる弟を演じる山沖は、ゲネプロを終え「非常に胸に刺さる作品になっておりますので、お客さまがどう捉えていただけるかによって色々な思いを抱くものだと思っています。一人一人の気持ちを『積む』ことで進化する作品なので、本番が楽しみ」と笑顔を見せると、「毎日が初日で毎日が千秋楽。毎日戦って、背負って、皆さんに何か伝わるものがあればと思いながら、10公演を生きたい」と力強く語った。

IMG_3415sIMG_3496s

山沖の演じる弟の恋人役の福久は、自身に役柄について「ニコニコと笑顔が多い役柄。犯罪者の息子となってしまった弟と付き合い、他の人と変わらずに接することを意識しています」と説明すると、「(重いテーマの作品なので、ほかの登場人物たちに)引っ張られないように、本番中はニコニコしていられたら」と意気込んだ。

また、宮下は本作が初めての新里作品への出演であることを明かし、「初めてご一緒して、(新里)哲さんは変態だなっていうのが最初の印象」と爆弾発言。「演出しているときの目が“変態”なんです。内側まで見透かすような、トロンとした目で、ある意味、陶酔している。だからこそいい作品ができるんだと思います」と続けた。さらに宮下は「今は動かなくても何でも娯楽は手に入りますが、ここには生身の人間が目の前で熱量を出して、ハートで勝負して生きざまがある。これを見なかったら、人生損をすると思います」とアピールした。

IMG_3587s

そして、本作の作・演出を手がけ、兄役で出演する新里は、「難解な作品を役者さんたちが言葉にしてくださり、それがお客さまに届く言葉になっているのを稽古場から感じています。本番ではお客さまからもエネルギーをもらい、一つ一つ積み重ねて上がっていく作品にしたい」と本作へ思いを寄せる。そもそも新里は、本作を書くにあたって「裁判ものを書きたい」という思いからスタートしたと話す。「裁判ものを書こうとしたとき、『犯罪者だったら』というよりも『もし、犯罪者の身内だったら』ということを考えるようになった。どういう気持ちになるのか、どう感じるのかを描きたかった。そして、こういうことがあるから犯罪が起こるんだという、その心理を言葉にしたい。この作品で、少しでも犯罪が減ることを願っている」と本作に込めた思いを明かした。

IMG_3719s

最後に新里は、「人生は、泣いて笑って怒って、全部の感情をさらけ出していいと思っています。見に来てくださる方の心を動かしたい。そして、心を動かして、一緒に舞台を作りに来てもらいたいたいです」と語り、囲み取材を締めくくった。

舞台『風の音聞こえず、鈴音が落ちる』は、103日(水)〜8日(月・祝)に下北沢・小劇場B1で上演。

 

関連記事


Page Up