Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

須賀健太、演劇「ハイキュー!!」卒業に「大切に演じきる」 ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“最強の場所(チーム)”ゲネプロ公開

2018/10/20 11:59

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

俳優の須賀健太と影山達也、小坂涼太郎、三浦海里、遊馬晃祐、有田賢史が1019日(金)にTOKYO DOME CITY HALLで行われた、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!最強の場所(チーム)の公開ゲネプロ&囲み取材に出席した。

IMG_6802as

本作は、古舘春一の「ハイキュー!!」を原作とした舞台で、これまでにシリーズ5作が上演。新作公演となる本作では、春の高校バレー宮城県予選が描かれる。また、主演の須賀をはじめとした、烏野高校排球部のメンバーを演じるキャストたちが卒業することも発表されている。

主人公である、烏野高校・日向翔陽役の須賀は「今回、卒業と大々的に謳ってはいますが、気持ちはいつもと変わらず、一公演一公演大切に演じきることに尽きると思っています」と挨拶。本作の見どころを「今回は、(音楽を担当している音楽家の)和田(俊輔)さんが、生演奏をしてくれます。僕らと一緒に44公演を回り、音で支えてくれるという演出があります」と語り、「(本作は)集大成になる。最後まで走り抜けたいです」と意気込んだ。

IMG_7300sIMG_7537s

烏野高校・影山飛雄役の影山は「(この作品では)簡単そうに見えて難しいということが増えていて、演劇の楽しさをすごく感じています。体力的にも限界はあると思いますが、それを超えた演劇の新しい境地をみんなで見たい」と本作への熱い思いをのぞかせた。

さらに、小坂は「今までと違った『ハイキュー!!』になると思う」、三浦は「今まで培ってきたものが融合していい化学反応を起こしてすごくいい舞台ができれば」と思いを寄せる。

IMG_6927sIMG_7483s

青葉城西高校・及川徹役の遊馬は「城西は1年半ぶりの出演です。チーム感にこだわり、最強のチームを作れるよう頑張ってきました。1年半とはまた違うチームになっていますので、そこを楽しんでいただきたいです」とアピール。白鳥沢学園高校・牛島若利役の有田は「前作では白鳥沢からは一人での出演だったんですが、今回は満を持して個性豊かなキャラクターが揃いました。絶対王者のチームとして、熱量を持って演じたい」とコメントした。

IMG_7910s

また、卒業への思いを聞かれた須賀は「3年間、この座組みでこの役をやらせていただいて、もう一度学生生活をさせてもらったような感覚でした。常々いいチームだと思います」と振り返ると、「今日、僕は誕生日なんですよ。芸能生活20周年なんです。20周年の一発目にこの作品ができたことは幸せなことだと思います」と笑顔を見せた。

この日、烏野高校のキャストたちによる、須賀へのバースデーサプライズも用意されており、会見終了後、ハッピーバースデーの歌とともにキャストたちが乱入。須賀は心底驚いた様子を見せ、「これが最強のチーム烏野。本当に嬉しい」と顔をほころばせた。

IMG_6873s

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!最強の場所(チーム)は以下の日程で上演。

1020日(土)〜28日(日) 東京・TOKYO DOME CITY HALL
119日(金)〜10日(土) 広島・はつかいち文化ホール さくらぴあ 大ホール
1115日(木)〜18日(日) 兵庫・あましんアルカイックホール
1123日(金・祝)〜25日(日) 大阪・梅田芸術劇場 メインホール
1130日(金)〜122日(日) 宮城・多賀城市民会館 大ホール
127日(金)〜16日(日) 東京凱旋・日本青年館ホール


 

関連記事


Page Up