稲垣吾郎、ベートーヴェンと自身の共通点は「ヒステリックなところ」 舞台『No.9 -不滅の旋律-』囲み取材&公開ゲネプロ

2018/11/11 10:36

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

1111日(日)より、ベートーヴェンの半生を綴った舞台『No.9 -不滅の旋律-』が東京・赤坂ACTシアターにて開幕する。初日を翌日に控えた10日同劇場にて公開ゲネプロと主人公べートーヴェンを演じた稲垣吾郎の会見が行われた。

180A7467s

本作は、数々の名曲を生み出した天才ベートーヴェンが聴力を失ってから、最後の交響曲「第9番」を生み出すまで、作曲家として、人間として、どのような劇的な半生を送ったのか綴る物語で、稲垣のほか、共演には剛力彩芽、村井絵里ほか、演出・白井晃、脚本・中島かずき(劇団新感線座付き作家)、音楽監督・三宅純。三人の強烈なクリエイターが真のベートーヴェンの狂気と運命と歓喜を描いている。

2015年の初演から3年振りにベートーヴェンを演じる稲垣は「いよいよという感じ。3年経って更にパワーアップしたものがお届けできる。キャストは変わっても皆さんピッタリ」と自信のコメント。

180A7452s

稽古中のエピソードを問われると「稽古は一か月しかなく、セリフも多かったので集中していました。皆さんと飲みに行ったりという楽しいエピソードはこれから作っていきたいです」と答えた。

今回再演を迎えるにあたって、オーストリアのウィーンに実際に行き、「ベートーヴェンの生々しい人間味に触れたことで、台本だけでは気づけなかった発見があり、更に役が完成されてきた」と語る。

最近朝はベートーヴェンのソナタ、夜は交響曲を聴いているという稲垣だが、ベートーヴェンと自身の似ているところは?という質問には「ヒステリックなところ」と笑う。香取慎吾、草彅剛から「ヒステリックゴロチ」と言われていることを明かし、「普段は皆さんの前では隠しているんですが、彼らとは何十年も一緒にいるので、隠してもばれちゃいますね。家族みたいなものですから」と二人との関係性を語った。

180A7742s180A7804s180A7805s

「新しいことを始めてから一年、ファンの方もついてきてくださって、スタッフの方も力を貸してくださって、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。舞台は応援してくださっている方と生でお会いできる空間なので、劇場に足を運んでいだだきたいと思います。頑張ります!」と締めくくった。

180A7776s180A7823s

本作は1111日(日)から122日(日)まで東京・赤坂ACTシアターにて、127日(金)から10日(月)まで大阪・オリックス劇場にて、1222日(土)から25日(火)までKAAT神奈川芸術劇場にて、そして2019111日(金)から14日(月・祝)まで久留米シティプラザにて上演される。

09_0435ss

photo 岩田えり(オフィシャル提供写真)

 

関連記事


Page Up