Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

安井謙太郎、北海道ロケで銭湯巡りにハマった! 映画『二ート・ニート・ニート』公開直前イベント

2018/11/16 03:32

映画『二ート・ニート・ニート』公開直前イベント

安井謙太郎、山本涼介、森田美勇人

3ニート、絆を深めた裸の付き合いにファン歓喜!?

「二ート・ニート・ニート」公開直前イベントオフィシャル写真①-(1)s

8回小説新潮長編新人賞を受賞した三羽省吾による同名小説を映画化した『二ート・ニート・ニート』の公開直前イベントが1114日(水)都内で行われ、映画初主演の安井謙太郎(ジャニーズJr.)、共演の山本涼介、森田美勇人(ジャニーズJr.)、灯敦生、そして宮野ケイジ監督、原作者の三羽省吾が登壇した。

本作は、“住所不定無職”の主人公レンチ(安井)が、高校の同級生で失業中のタカシ(山本)と、同じく元同級生で引きこもりのキノブー(森田)、さらに出会い系で知り合った少女・月子(灯)を巻き込み、広大な夏の北海道を舞台に、苫小牧市、札幌市、稚内市、釧路市阿寒町、清水町、帯広市、えりも町と総移動距離3300km越える、縦横無尽な逃避行を繰り広げる。

安井は「初主演だったのですが、気負いすることもなく、楽しく撮影が出来ました。スタッフ一同チームのような感覚で撮影することが出来たので、ようやくこの作品を届けられることが本当に嬉しいです」と心境を吐露。さらに安井は「三羽さん、(作品は)どうでしたか?僕たち大丈夫でしたか?」と恐る恐る問いかけると、三羽は「正直、みんなイケメンすぎるし綺麗だし、どうかな?と思っていたんですが、観てみるとなかなかのクズっぷりで(笑)素晴らしかったです」とキャスト陣扮する“三者三様の二―ト”たちの姿に太鼓判を押した。また、灯は「最初の試写を観た時、こんなに(劇中に登場する二―トたちが)クズなのに愛らしい感じがあって。三者三様のクズっぷりが素敵でしたね」と魅力を語った。

「二ート・ニート・ニート」公開直前イベントオフィシャル写真①-(2)s

安井は「僕ら男三人衆は銭湯巡りにハマって。各地で有名な銭湯を聞いては巡っていましたね」と撮影現場でのエピソードを振り返る。そんな安井の発言に対し、山本は「美勇人くん、露天風呂に入っていたとき、素っ裸で蜂と戦っていたところを見たことがあって(笑)」と暴露!森田は「一人で(露天風呂に)入っていたと思ったら、山本くんも同じお風呂にたまたま入っていて。お湯に浸かっていたら蜂が飛んできて!近くに網があったので、とっさに網を掴んで全裸で蜂を捕まえようとしていたら、やまもーが爆笑していて(笑)」と振り返ると会場は大爆笑。

「二ート・ニート・ニート」公開直前イベントオフィシャル写真③s

イベントの最後には、「来週から封切になります。全国で公開となりますが、何より北海道で上映できるのが、本当に嬉しいです。撮影の前年度には大変な水害があったりして、その爪痕が残っている中で我々が撮影をさせていただいた経緯があったので、より多くの方に、北海道の素敵なところに気づいて貰えたらな、と思います。恩返し出来たらいいなと思います」(監督)、「北海道ではつい最近も災害があったばかりなので、僕らのこの映画がどこまで力になれるか分からないですが、誰かの背中を少しでも押せるような映画になっているかなと思います。公開まで一丸となって映画盛り上げていきたいと思いますので、よろしくお願い致します」(安井)とそれぞれメッセージをおくった。

1123日(祝・金)より全国公開される。

 

関連記事


Page Up