Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高杉真宙主演 映画 『笑顔の向こうに』第16回モナコ国際映画祭エンジェルピースアワード(最優秀作品賞)受賞 緊急報告会見

2018/12/8 23:06

高杉真宙主演 映画 『笑顔の向こうに』

16回モナコ国際映画祭 エンジェルピースアワード受賞

緊急報告会見

オフィシャル2s

第16回モナコ国際映画祭でオープニング作品として上映され、コンペティション部門にて正式出品されていた映画『笑顔の向こうに』が、12月5日(水)(フランス現地日程)に行われた授賞式にて、“エンジェルピースアワード(最優秀作品賞)”を受賞した。また、高杉真宙演じる歯科技工士・大地が義歯を提供する患者として共演している丹古母鬼馬二が、助演男優賞を受賞し、海外の国際映画祭にてダブル受賞の快挙となった。

本快挙を受け、12月7日(金)都内にて主演・高杉真宙、ヒロイン・安田聖愛による緊急報告会見を実施された。

トロフィーを手に会場に現れた高杉は、「モナコに行けなかったので、東京で報告を受けました。なかなか実感がわきませんでしたが、トロフィーをいただいて、やっと、本当にこの作品が最優秀作品賞を受賞したのだと、モナコから飛行機にのってここにトロフィーがあるのだと、重みを感じました。そして丹古母鬼馬二さんが助演男優賞を受賞されたことはとても嬉しかった。安田さんと僕は同じ年ですが、大先輩に囲まれてこの作品が最高の結果を得ることができたのだと思っています。」と受賞の喜びを口にした。

安田は、「モナコの授賞式に出席していたので、作品名が呼ばれた瞬間は、本当にこの作品が選ばれたのかな?と疑うくらいでした。ステージに上がってスピーチをし始めた時実感がこみ上げてきて、感動しました。丹古母さんは非常にユニークな方なので、モナコでも彼のシーンで笑いが起こっていました」と授賞式やモナコでの上映の様子を語った。

高杉は「歯科技工士の役を演じましたが、演じるまでははっきりと知らなかった職業でした。実際に歯科技工士の方と話したり、動画をみたり資料を読んだりして研究しました。この役を演じたことで、歯科技工士という職業が沢山の人に伝わり、多くの人に観ていただけて、見た人々が自分の中で将来の職業の選択肢としてこの職業を選んでいただけたらいいなあと思います」と話し、安田は「自分の姉が歯科衛生士なので、職業的には身近に感じていました。しかし今回撮影にあたり、実際に器具をつかってみると、歯科衛生士の資格を実際にはもっていない私は、人の口の中に器具を入れて扱うことは怖いと感じ、姉の凄さや歯科衛生士さんの大切さと必要さを痛感しました」と、演じたことで歯科医療の大切さを実感したことを明かした。

オフィシャル1s

最後に安田は、「モナコの映画祭のテーマが“愛と平和”なので、この作品はラブストーリーもあったりなので、映画祭のテーマに沿っていて評価されたのではないかと感じています。こうして海外の方に観ていただけた喜びもありますが、日本で公開されるので、いろんな世代の方に観ていただき、歯を大事にしようと思う人が増えたらいいなあと思います」と語り、高杉は、「海外の作品に出演する夢はあります。海外ではどのように映画は撮影されているのか、現場の空気を感じてみたい」と海外作品への出演への夢を語り、「今回、日本の作品が海外の方に認めてもらたのは嬉しかったです。モナコで賞をいただく嬉しい出発になったので、いいスタートをきれた本作と一緒に、これからも頑張っていけたらと思います」と公開に向けてそして役者として意欲をみせた。

©公益社団法人日本歯科医師会
公式サイト:https://egao-mukou.jp/
2019年2月15日(金)より全国のイオンシネマにて全国公開

 

関連記事


Page Up