Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

時代劇×ジャズの新たなエンタメが誕生! 早乙女太一、花魁姿も披露 音楽活劇「SHIRANAMI」開幕

2019/1/12 07:41

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

音楽活劇「SHIRANAMI」公開ゲネプロ&囲み取材が公演初日となる111日(金)に行われ、早乙女太一と龍真咲、伊礼彼方、喜矢武豊、松尾貴史、演出のG2が出席した。

IMG_6147s(左から)G2、喜矢武豊、龍真咲、早乙女太一、伊礼彼方、松尾貴史

 

本作は、幕末の動乱を駆け抜けた5人の盗っ人たちの生き様を、歌舞伎「青砥稿花紅彩画」、通称「白浪五人男」を原案に、音楽活劇として大胆にアレンジし舞台化した作品。脚本・演出をG2が手がけ、ショー演出をBOOWYやB’z、EXILEなど多数のコンサートを手がけてきたショーデザイナーの市川訓由が担当。今まで見たことがない、殺陣とダンス、映像、歌の融合した新しいエンタテインメントで魅せる。

IMG_4064ssIMG_5230s

会見でG2は、「ラテンに影響されているジャズで統一しようと思いました。時代劇だけど洋楽を取り入れるという試みはこれまでなかった。悩みに悩みまくった結果、このような形になりましたが、面白いシーンができていると思います。菊霧(早乙女)の花魁のシーンでもジャズをかけているのですが、面白い効果が出ていると自負しています」と本作の見どころの一つでもある、音楽と時代劇の新たな組み合わせについて言及する。

IMG_4216s

これを聞いた喜矢武は、本作への思いを「基本、僕は音楽に関わりたくないんで、また音楽かいって思ったんですが…」とミュージシャンらしからぬ発言で笑わせると、「舞台でジャズが流れているのを僕はあまり聞いたことがなかったので、面白い試みだと思っております」とコメント。

“5人の盗っ人”の中で、唯一紅一点の龍は「活劇は初めてなので、とても難しかったですが、お稽古をしているうちにG2さんの愛情を感じました」と稽古を振り返る。さらに龍が「みなさん、それぞれ個性的。実は(この日登壇した役者たち)5人はみんなB型なんです」と続けると、G2も「5人が話していると誰もほかの人の話を聞いてないんですよ。今わかった、それはみんなB型だからだ(笑)」と納得の様子。早乙女も「5人が揃う殺陣のシーンは全然息が合わない」と苦笑した。とはいえ、早乙女は「個性がバラバラで楽しいです。こんなに異種の人がいっぱい集まってやるという機会はあまりないので」とそれも楽しんでいると語った。

IMG_4355s

また、本作で早乙女は花魁姿も披露しているが、「女形で踊りばかりしていたので、実はお芝居はしたことがあまりないんです。花魁でセリフを発するのも(本作が)初体験」と明かす。これには、喜矢武は「初めてなのにすごいエロい声だね」と驚きを見せ、龍は「吸い込まれそうですごい。日々美しくなっている」と賞賛した。

IMG_4576s

一方、龍も本作では宝塚歌劇団を退団後、初めての男装姿。龍は「懐かしい気がします。本物の男の人の中で、自分が男をするのはどうだろうって思ったんですが大丈夫でした」と感慨深そうに話し、「盗賊の物語の裏側になる人情味や時代背景を大切に演じられたらと思います」と意気込んだ。

IMG_5826s

最後に早乙女は、「いろいろな見せ場や魅力が詰まった作品です。新年にふさわしく、賑やかで、みなさんに元気を持って帰ってもらえる作品になっていると思います」とアピールし、会見を締めくくった。

音楽活劇「SHIRANAMI」は111日(金)〜29日(火)に新国立劇場 中劇場で上演。

関連記事


Page Up