Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

浜中文一、8役演じています! 舞台『スケリグ』開幕

2019/1/12 12:09

材:記事・写真/RanRanEntertainment

舞台『スケリグ』の公開ゲネプロおよび囲み取材が、公開初日となる111()、東京・DDD青山クロスセンターにて行われ、囲み取材には主役の浜中文一、共演の末澤誠也(関西ジャニーズJr.)、渡辺菜花、金子昇、瀬戸カトリーヌ、演出のウォーリー木下が登壇した。

180A0734s

(左から) ウォーリー木下、金子昇、渡辺菜花、浜中文一、末澤誠也、瀬戸カトリーヌ

 

本作は、イギリスの作家デイヴィッド・アーモンドによるファンタジー児童文学の傑作「スケリグ(Skellig)」をアーモンド自身が戯曲化したもの。冬の終わり、古い家に引っ越してきたマイケル(末澤)は、荒れ果てた庭の崩れかけたガレージでスケリグ(浜中)を見つけた。スケリグはホコリと虫の死骸まみれの服、ねじ曲がった身体、そして背中には奇妙なものが生えていた。マイケルはスケリグを助けようと隣家のちょっと変わった少女・ミナ(渡辺)と一緒に秘密の活躍を始める・・・というストーリー。

180A0748s

薄暗い中で辛そうな役を演じている浜中は「最近、顔を隠す役のお芝居によく出ているので、(この役の適任は)僕なのかな」と胸を張る。本作では、マイケルを演じる末澤を除く各役者は複数の役をこなしており、浜中もスケリグのほか端役でたびたび舞台に登場。「8役やっています。オープニングの不動産屋、学校の先生・・・。皆さんが見つけていただいた方がいいですね」と期待をもたせた。演出の木下は「(浜中の役は)すごく合ってますね。よく分らない存在って難しいです。分らなさがよく出ています!」と絶賛。

180A0572s

マイケル役オンリーの末澤は「台詞の多さに大変でした。これだけの台詞を覚えるのも初めてですし、ちゃんとした役をしっかりお芝居するのも初めてでした」と明かすも、マイケルの母を演じた瀬戸は「息子の成長が日に日に素晴らしく感動しました」と太鼓判を押した。

さらに瀬戸は、「演者はほとんど2時間出ずっぱりのなか、文ちゃんは8役も演っているにも関わらず、ほかの演者にアドリブを言ったり、悪戯をする余裕がある。そこが腹立たしいです()」と浜中を絶賛した。

後輩の末澤への指導について、浜中は「(コメントは)やめておこうかな」と躱していたが、金子が「(浜中は)細かく指導していますよ。やさしく!厳しいところはないと思います。誠也君がうらやましい」と代わってコメントしていた。

180A0532s

最後に、末澤が「『スケリグ』とは何か?いのちがテーマになっている舞台なので、観に来ていただいた皆さまがいろいろな答えをもって帰っていただきたいです」と語り、そして浜中が「2ヶ月続く舞台。寒い時期に体調を崩さず皆で頑張りますので、応援をよろしくお願いします」と締めくくった。

180A0742s

111()211(月・祝) DDD青山クロスセンターにて全39公演のほか、214()大阪・松下IMPホール、216()愛知・一宮市尾西市民会館、219()金沢・北國新聞 赤羽ホール、223()24()兵庫・芦屋ルナ・ホール 大ホールにて開催。

関連記事


Page Up