Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

浅川莉奈、西銘駿、桜田通、トークでは仲良し関係?劇場版『リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』完成披露試写会

2019/1/18 00:55

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

劇場版『リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』の完成披露試写会が1月17日(木)、都内にて行われ、W主演の浅川梨奈、西銘駿(男劇団 青山表参道X)、共演の桜田通、矢野優花、藤田富、荻野可鈴(夢みるアドレセンス)、佐藤友祐(lol‐エルオーエル-)、鈴木つく詩、そしてオープニング曲を担当したJEY-Jが登壇した。

180A1349s(左から)JEY-J、鈴木つく詩、佐藤友祐、桜田通、西銘駿、浅川梨奈、矢野優花、藤田富、荻野可鈴

 

本作は、人気コミック「理系が恋に落ちたので証明してみた。」の実写化で、昨年9月からテレ玉ほか全国7局でのドラマ放送を経て、映画化されるもの。恋するツンデレ理系美女・氷室菖蒲(浅川)を巡り、飛びぬけた理系バカの雪村心夜(西銘)と哲学オタクの神凪悠(桜田)によって、「恋」の定義に関する証明実験が繰り広げられる。

冒頭、西銘は「撮影してから1年、待ちに待った日になりました!」と高らかに宣言すると、浅川が「さっきから待ちに待ちすぎて、フラフラ落ち着きがないね」と突っ込み、桜田も文系役にもかかわらず数字に細かく「厳密には9ヶ月前」と追い打ちをかけた。浅川は「今日8人全員揃うのが1年ぶりなので、全員で完成披露を迎えられたのがうれしいです」としっかり纏める。

180A1350s

劇場版はどのような展開になるのかというMCからの問いかけに暴走する西銘を制し、浅川は「一旦私が受けて、クッションを経てしゃべってもらおうと思います」とした上で、浅川が「(ドラマ版では)雪村と氷室の恋愛をどう証明していくのか?だったのを、映画版ではオリジナルキャストの文系チーム(桜田、佐藤、鈴木)が加わって、神凪と雪村・氷室の三角関係になります」と明確に説明した。西銘が「本当にそうだと思います」と続けると会場は大笑い。

文系チームを代表して桜田は「(文系チームを)キーワードとして覚えていて欲しいのは“壁”」と言いつつスクリーンに向かって張り付くジェスチャーを見せ、「しっちゃかめっちゃか進むストーリーの中に、文系が入ることによってより可笑しな方向に加速する」と文系の見どころを説明した。

撮影中のエピソードとして、西銘は「(役柄として)笑っちゃだめなキャラなのに、(桜田)通くんに笑わされ、テイクを重ねていました」と語ると、桜田が「普通の人は真顔だけど、(西銘は)ベースが笑っている」と返す。浅川に求められ、西銘は一生懸命“真顔”のフリをしてヤヤ受け、会場はまたも大笑い。

180A1361s

今度は、浅川について藤田が「大人しいイメージと思ったんですけど、本番前ずっと喋っていて、本番が始まるとスイッチが変わって、可笑しかったです」と述べると、桜田も「(浅川は)年齢も若いし、きゃぴきゃぴしているイメージ。元アイドルですけど」とひとこと多い。さらに桜田は「楽屋では一番気を使ってくれて、若いのに芸能界に長くいすぎたんだな」と褒めたり落としたり。浅川「バカにしてるでしょ!」などなど、会場は終始笑いに包まれていた。

2月1日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかで順次全国公開される。

 

関連記事


Page Up