Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鈴木拡樹ら、”刀剣男士”が甘酒で鏡開き! 『映画刀剣乱舞』初日舞台挨拶

2019/1/18 19:34

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の初の実写映画となる『映画刀剣乱舞』の初日舞台挨拶が1月18日(金)にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、キャストの鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀とメガホンを取った耶雲哉治監督が登壇して初日を迎えた意気込みを語った。キャスト陣は初日を迎え、緊張しながらもワクワクしている気持ちを素直に吐露した。

180A1544s

左から:廣瀬、定本、和田、荒牧、鈴木、北村、岩永、椎名、監督

 

本作は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率いて、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を発端に、ミュージカル、アニメ、舞台など数々のメディアミックスを成功させて大きな話題となっている人気コンテンツの初めての実写映画化。

180A1385s

客席からの溢れんばかりの拍手で迎えられた“刀剣男士”のキャスト陣は初日を迎え、それぞれに興奮の面持ち。三日月宗近役を演じた鈴木は「初の映画化で、『舞台に来たことがない』という方にも、足を運んでいただけるような作品になっていたら嬉しい。周りの方も巻き込んで『映画館で観ようよ!』といった作品になっていれば嬉しいです。よろしくお願いします」と作品をアピールした。

180A1453s180A1428s

1年ほど前に行われたという寒い時期の撮影では、鈴木は「寒かったなという思い出とお菓子を一杯配ったな……って」と述懐すると、山姥切国広訳を演じた荒巻は「カイロも差し入れてもらった。気配りの達人!」と鈴木の周囲への気配りを絶賛した。

180A1416s

薬研藤四郎役の北村は「スケジュールがタイトだった。スピード感もすごくて……。でも、楽しかったな。あったかい現場だった」と撮影時を振り返る。他のキャスト達も「すごくいい時間を過ごした。毎日が楽しかった」とチームワークのよさを見せつけた。現場で濃密な時間を過ごし、みんなの”絆”が深まって行ったようだ。

180A1487s

鶯丸役の廣瀬が「笑いの耐えない現場。また機会があって、新たな作品、続編が作られるようなことがあれば、よりギュッとなったチームワークが見られる。ウキウキワクワクします」と期待を寄せると、続編への期待で会場が沸いた。

最後には、全員で大ヒットを祈願して甘酒で鏡割りを実施。鈴木が「刀剣乱舞、はじめよう!」と声を発して乾杯。「この作品を多くの方に観ていただきたい。愛を持って育てていただければ……」と客席に向かってメッセージを伝えた。

180A1574s

耶雲監督は「初日がきたんだなと実感しています。平成が変わる歴史的な年にふさわしい作品だと思います。いろんなメディアミックスでやってきましたが、映画ならではのスケール感のある作品に仕上がっていると思います」と熱くアピールした。

『映画刀剣乱舞』は公開中














































































左から:廣瀬、定本、和田、荒牧、鈴木、北村、岩永、椎名、監督

関連記事


Page Up