Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

横浜流星、主題歌の生歌披露に感無量! 映画『愛唄 -約束のナクヒト-』

2019/1/28 05:41

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『愛唄 -約束のナクヒト-』の公開記念舞台挨拶が1月26日(土)、新宿バルト9で行われ、主演の横浜流星と共演の清原果耶、飯島寛騎、川村泰祐監督が登壇して無事に初日を迎えた喜びを語った。当日は主題歌を担当した No title(あんべ、ほのか、ポチ)も登壇し、生歌を披露してキャスト陣を大感動させた。

s-ランラン1IMG_0168S

本作は『キセキ -あの日のソビト-』のチームが再結集し、GReeeeNの名曲「愛唄」を映画化した青春ドラマ。恋をする勇気を持てないまま大人になった主人公・野宮透(横浜)が、旧友との再会や詩との出会いを通して変化していく様が描かれる。「タイトルのナクヒトとは」泣く人。涙するほど全力な人のこと。GReeeeNによる造語。

s-ランラン2IMG_0123S

トオル役を演じた横浜は、無事に公開された本作について「ホッとしています。観ていただいて幸せです」と笑顔を見せた。川村監督は「今日というこの日をこの(キャストの)3人と迎えられて、嬉しく思います」とキャストの3人にねぎらいのまなざしを向けた。

お気に入りのシーンについて話が及ぶと、キャスト陣はそろってトオルの実家に行って食卓を囲むシーンを上げた。「いろんな思いがあのシーンにはあったな。好きなシーン」と語る飯島。横浜や清原もそのシーンに特別な思い入れがある様子で同調していた。

横浜が演じるトオルは、余命を宣告されるという役柄で、「限られた時間を懸命に生きている主人公の姿を見て、一度しかない人生を後悔しないように生きようと思ってもらえたら……」と作品に込めたメッセージを客席に伝えた。

横浜自身も「親への感謝の気持ちや、人生を大切に過ごそうと強く実感しました」と本作への出演で多くのことを得られたと明かしていた。

s-ランラン4IMG_0122S

映画のタイトルにちなんで、キャストが“愛しすぎてやまない「愛〇」”を発表。横浜はフリップに「愛緑」と書き、「GReeeeNさんです。『キセキ -あの日のソビト- 』に出させてもらって、初めて買ったCDがGReeeeNさんのアルバムで……。GReeeeNさんを愛しています!」と回答。客席から大きな拍手が起こった。清原は「愛空」と書き、空を見るのがすごく好きと語っていた。

またこの日は、No title が主題歌「約束 × No title」を生披露。キャスト陣は「うわぁ~」と歓声を上げ、大感激の様子を見せた。

清原は感動のあまり言葉に詰まるほど。横浜も「最初に聴いたとき、トオル目線で感情移入できた曲。とても心が動かされた曲を素敵に演奏してくださって有難うございました」とNo titleに感謝の言葉を送った。飯島も「僕も『わぁ~』となっています。引き込まれました。すごく感動しました」と感動をかみしめてた。

映画『愛唄 -約束のナクヒト-』は公開中

関連記事


Page Up