Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

SixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.など総勢62名出演の大パフォーマンスに熱狂!『映画 少年たち』完成披露試写会

2019/1/31 01:08

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

『映画 少年たち』の完成披露試写会が、1月30日(水)TOKYO DOME CITY HALLにて行われた。本作は、1969年の初演以来、幾度も上演を重ねられてきた舞台をジャニー喜多川が企画・構成・総合演出により映画化されたもの。それぞれの事情で少年刑務所に収監された少年たちの若さゆえに生まれる抵抗、悩み、葛藤がオリジナル楽曲に乗せて描き出される。ほぼ全編が重要文化財になっている旧奈良刑務所での撮影とあって、その臨場感は見どころのひとつ。

180A2886s

映画上映終了後間髪も入れずに本作に出演したメンバーによるサプライズLiveパフォーマンスが始まった。SixTONES(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、Snow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)、なにわ男子の西畑大吾、関西ジャニーズJr.(向井康二、室龍太、正門良規、小島健)に加え、宮近海斗(Travis Japan)、中村嶺亜(7MEN 侍)、HiHi Jets、美 少年、5忍者、少年忍者ら総勢62名が次々に登場し、一気に会場を盛り上げた。

そして、ライブパフォーマンス終了後には、劇中で“赤房”を演じたSixTONES、“青房”のSnow Man、そして“黒房”の西畑大吾および関西ジャニーズJr.、そしてメガホンを取った本木克英監督によるトークイベントが行われた。

180A2830s

まず、一人一人が挨拶するなか、冒頭SixTONESのジェシーは「本日はお足元が悪い中…」と早々にボケると、メンバーから「晴天だわ!」とツッコミが入り、かしこまって、「(本作に)僕たちが選ばれたことに感謝しております。3月29日公開されるのでみなさんで盛り上げてください」と挨拶。京本も「一部の方に観て観ていただき安心してます。さらにもっとたくさんの方に観ていただけるよう頑張りますので、応援の程お願いします」と呼びかけた。また、先日Snow Manとして活動を始めた向井は「『少年たち』は、赤、青のチームに分かれて演じるのが定番ですけれど、今回、映画で初めて黒チームという新しいキャラクターを演じることができ、うれしく思います。僕たちの豊かな個性を映画で何度も観てください」と訴えた。

そして、本木監督は「1年前に撮影に入り、そのころは出来上がらないんじゃないか(笑)と思ったんですが、晴れてこの日を迎えられ、嬉しく思います。皆、愚痴とか弱音を絶対言わないんだって感心しました。皆に背中を押されて出来たようなものです」と満面の笑みを浮かべた。

180A2771s

撮影時のエピソードとして、看守長役として出演した横山裕(関ジャニ∞)の話で大いに盛り上がった。田中樹が「横山くんが足に古傷があって引きずるシーンでは、弱っている感じでも迫力がすごかったんですよ。その日撮影が終わったメイク室で、髙地が横山くんに『お疲れ様です。足大丈夫ですか?』って聞いてて」と暴露すると、会場は大爆笑。髙地は「ちゃんと台本を読み込めてなかった自分がすごい恥ずかしいんだけど、そのくらいの演技力だった。あとで、横山くんは『そんなに痛さが伝わったんならよかった』ってフォローしてくれて。本当に優しい先輩なんだなって…。その日夜、オレ眠れなかったす」と弁明。すかさずジェシーが「俺の隣で寝てたじゃん!」とツッコむと、高地は「嘘つくなよ!ホテルの部屋ちげーし!」と反論。さらに、森本が「オレ一緒だったんですけど、隣でちゃんと寝てました!」と証言するが、高地は「オメーも一緒じゃないんだよ!」。「誰が嘘やねん!」に会場は大爆笑となった。

最後に岩本は「ジャニーさんの愛がたくさん詰まっていますので、いろんな世代に愛される作品になってくれればと思っております」と語り、西畑は「ハッシュタグ、“少年たちエモい”で拡散してください」と挨拶。大拍手に応え、アンコールLiveが行われ「勇気100%」を全員で熱唱して締めくくった。

『映画 少年たち』は3月29日(金)より全国公開される。

関連記事


Page Up