Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Kis-My-Ft2の北山宏光、初の映画主演に満面の笑顔! 映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』初日舞台挨拶

2019/2/16 09:24

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

Kis-My-Ft2の北山宏光が主演する映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』が初日を迎え、2月15日(金)、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた舞台挨拶に北山をはじめ、共演の多部未華子、平澤宏々路(子役)とメガホンをとった筧昌也監督が登壇した。最後のフォトセッションでは劇中で猫の“トラさん”を演じた金時(キントキ)が北山に抱かれて登場し、会場を沸かせた。

s-RanRan1IMG_0508s

本作は、板羽皆による人気コミック「トラさん」の実写映画化。ある日あっけなく死んでしまった売れない漫画家の寿々男(北山)が、猫の姿で家族の元に戻り、愛する家族のために奮闘する姿が描かれる。

s-RanRan2IMG_0455s

映画初出演、初主演を務めた北山は「待ちに待った初日。やっと皆さまに観ていただけるので、とても嬉しいです」と笑顔で挨拶し、会場からは大きな拍手を浴びた。

筧監督は「撮影してから1年間くらい経ちました。足掛け4年くらいかかっています……」としみじみと公開の喜びをかみしめた。

s-RanRan3IMG_0448s

妻の奈津子役を務めた多部は、北山の印象について聞かれると、「すごい人ですよ。現場で一番盛り上げてくれたし、人柄だと思うけど、楽しい空気に出来る人。それと、やたらポジティブなんです。いじってもめげない人なんです」と思ったままを口にした。それには、子役の平澤も同調。

北山が「冗談なのかなと思った」と返すと、多部は「冗談じゃなくて本気で言ってた」と深く頷く。すると、北山は「いいんですよ。ダメな夫の役なので、尻に敷かれるくらいでちょうどいいんですよ」と余裕の笑顔で応えた。

また、公開にあたって、周囲からはどんな反応があったのかと聞かれた北山は、「ヒロミさんが観てくださるって。口だけかも?『絶対に観てください』と念を押しておきました」と報告。さらに「Hey!Say!JUMPの薮(宏太)から『一緒に観に行こうぜ!』って誘われました(笑)」と報告して会場を沸かせた。

多部は「完成披露試写で観てくれた祖母から『一緒に観に行こうね』って言われています。友達からも言われています」と嬉しそうに報告した。

s-RanRan5IMG_0495s

初日を迎えた今作だが、今後主演の北山と筧監督の2人が5地区、計10回の舞台挨拶行脚の旅に出ることが報告された。

関連記事


Page Up