Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

BOYS AND MEN水野、田中、小林、本田が主演 映画『ジャンクション29』公開記念舞台挨拶

2019/2/24 20:34

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『ジャンクション29』の公開記念舞台挨拶が2月23日(土)、ユナイテッド・シネマ・アクアシティお台場で行われ、BOYS AND MENの水野勝、田中俊介、小林豊、本田剛文、そして共演の本多力、細田善彦、山田キヌヲ、メガホンを取ったウエダアツシ監督、山田晃久監督の9名が登壇した。

180A5654s

左から:本多、田中、細田、水野、山田、本田、小林、ウエダ監督、山田監督

 

本作は夢に、恋に、そして人生にもがく29歳の青年たちが、それぞれ織り成す人生の分岐点を各エピソードで描いたオムニバスストーリー。『ツチノコの夜』(主演:田中俊介、本多力)、『結婚の条件』(主演:水野勝、細田善彦、山田キヌヲ)、『バズる』(主演:本田剛文)、『ジャンクション』(主演:小林豊)の4作で構成される。

180A5588s

冒頭、水野は「公開を迎えられ、たくさんのお客さまに来ていただき、うれしいです。アイラブ(小林豊の台詞)なんて言っている場合ではないです。実は明日も小林と二人で回るので、憂鬱な気持ちになります」とお客さまへの感謝の意を表すとともに小林を牽制すると、小林はすかさず得意のポーズをとって「これが見出しとなりますから、皆さんよろしくお願いします」とはしゃいだ。この場が初対面の本多力は「(小林を見て、本作の役と)こんなに違うんだと、戸惑っています。もっと影のある人だと思っていたのに、“陽”しかない!素晴らしいなと思います」と半分あきれ顔。

そんな小林は「僕もたまに暗くなることはあるので気をつけたいです。むしゃくしゃすると、料理とかでお肉を叩いたりするんですよ」と意外な面を明かしていた。

180A5587s

本多は共演した田中について、「むちゃくちゃ真面目!映画監督の役だったので、悩みながら考えながらやられているようなお芝居で、コミュニケーションも大事にされる。すごい楽しかったです」と賞賛。さらに衣装合わせの時を回想し「お仕事(ハワイ)から直行。チラチラハワイが見えてました(笑)」と語った。田中は、「狭い空間の中で会話劇をどう盛り上げていくか学ばせてもらいました」と舞台経験豊富な本多に感謝した。

180A5694s

このあと、公開を記念しファンから舞台挨拶で聞きたいこと、水野主演の『結婚の条件』に因み、各人に結婚の条件を問われ、小林は「毎日笑顔で過ごしてくれる人がいいなと思います。でも、実際は宝石店で勤めている年収3,000万円以上の人。男の子が生まれたら“れん”くん、女の子は“あい”ちゃんにしたい。二人併せて恋愛!」と告げると、メンバーからは「ずっと言ってます!ずっと、これですよ!」と嘲笑気味。

180A5585s

最後に、本田は「見てもらってナンボ?という部分もあると思いますので、これからもいろいろな人に観ていただけるようPRしていきたいですし、また皆さん自身も見るタイミングや環境によってまた感じ方も違うと思いますので、ぜひ末永く『ジャクション29』を愛してください」と語り、小林は「舞台上ではバカ騒ぎしていましたが、お芝居は真剣に向き合って作った作品です。ひとりでも多くの方に観ていただけるようにもっと頑張っていこうと思っていますので、皆さんも僕たちに力を貸していただけたらと思います。アイラブ、ユーラブ、ゆーちゃむでした!」と決め言葉で締めた。

180A5620s

2月22日(金)より渋谷シネクイント、ユナイテッド・シネマアクアシティお台場ほかにて全国公開中

関連記事


Page Up