Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

北原里英、どろろは唯一太陽のように皆を照らす役!鈴木拡樹主演の舞台『どろろ』東京公演開幕

2019/3/8 12:51

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

3月2日(土)より大阪・梅田芸術劇場にて開幕した鈴木拡樹主演の舞台『どろろ』の東京公演が3月7日(木)よりサンシャイン劇場にてスタート。本公演初日を迎えた7日に公開リハーサルおよび鈴木拡樹、北原里英、有澤樟太郎ほかキャスト全員と脚本・演出を担当した西田大輔監督による舞台挨拶が行われた。

180A7201s

左から:西田監督、赤塚篤紀(琵琶丸)、児島功一(寿海)、前段左から:有澤樟太郎(多宝丸)、
鈴木拡樹(百鬼丸)、北原里英(どろろ)、後段左から影山達也(仁木田之介)、
健人(賽の目の三郎太)、田村升吾(助六)、唐橋充(醍醐景光)、大湖せしる(縫の方)

 

手塚治虫原作の本作は、生まれたとき十二体の鬼神に奪われた体を取り戻すために旅する百鬼丸(鈴木)の物語。そして、どろろ(北原)は百鬼丸に救われ、共に旅をしている。

舞台挨拶でそれぞれが“『どろろ』に対する想い、意気込みを語った。

鈴木:『どろろ』という作品が大変愛されていることをヒシヒシと感じています。アニメ化、映画化など数ある“どろろ”作品の中で、本作の見どころは、登場しているキャストが皆、何かしらの家族という縁で繋がっていること。今までに無い家族をピックアップした『どろろ』をご家族で楽しんで欲しいと思います。

319A0484as

北原:本作は手塚治虫さんの傑作ダーク・ファンタジーと言っているように、ダークというか、(本日の天候のように)雨に似合う話になっています。その中で私が演じるどろろは唯一太陽のように皆を照らす役で、元気一杯舞台上で太陽のように頑張っていきたいと思います。

319A0546as

有澤:数ある舞台作品のなかでも、本作は特に生の良さが全面に出ていると思います。生ならではの迫力、人間の描く生々しさも全面に出ているので注目して欲しいと思います。大阪公演を終え、とてもいい勢いできているので、東京、福岡、三重とこのままの勢いで、最後まで頑張りたいと思います。

西田監督:舞台化について、例えば暗転を暗闇と捉えて、その中でお客さまに何か訴えるものがあるのではないかと考え、ひとつひとつのシーンを細かく作っていきました。鈴木君と北原里英ちゃんを始め俳優たちが繊細に、真摯に稽古に臨んでくださいましたし、アンサンブルダンサーが一緒に考えてくれたような稽古場でした。ぜひたくさんの方に届くよう、ご支援をお願いします。

319A0561as319A0563as319A0576as

また、舞台挨拶終了後に行われた公開リハーサルでは、3時間の大作とは思えないほどの目まぐるしい展開と殺陣や踊りの迫力に圧倒された。たびたびの暗転による瞬時の場面の変換も全く飽きさせない配慮になっている。百鬼丸が泥の鬼からどろろを救うことで顔を取り戻すシーンでは、百鬼丸の顔から真っ白の能面の取れ、妖刀「似蛭」に取り憑かれた田之介(影山達也)を斬って耳を取り戻し、さらに後半では声を取り戻し、鈴木演じる百鬼丸の声をやっと聞くことができた安心感も束の間、舞台はハッピーエンドに向かい、さらに展開を速めていく。

東京公演 3月7日(木)~3月17日(日)全16公演 サンシャイン劇場
福岡公演 3月20日(水)全2公演 ももちパレス
三重公演 3月23日(土)全2公演 三重県文化会館大ホール

公式サイト:www.dororo-stage.com

また、3月17日(日)東京公演・千穐楽はライブビューイング CSテレ朝チャンネル1にて同時生中継される。

 

関連記事


Page Up