Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

舞台初主演・中島裕翔、ストレートプレイは初めてだったので全部が新鮮!『WILD』 開幕!

2019/4/28 01:55

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

428()に初日を迎える舞台『WILD』の公開ゲネプロおよび囲み取材が行われ、主演の中島裕翔(ey! Say! JUMP)、共演の太田緑ロランス、斉藤直樹が囲み取材に出席した。

319A3205S
本作は、英国気鋭の劇作家マイク・バートレットによる社会派戯曲で、2013年アメリカ国家安全保障局の元局員がアメリカの行き過ぎた個人情報収集の手口を内部告発した「スノーデン事件」に着想を得て書かれている。

ストーリーは、主人公アンドリュー(中島)が身を潜めているモスクワのあるホテルに、アンドリューを助けに来たと言って、見知らぬ女(ロランス)と男(斉藤)が順番に尋ねてきて、それぞれが自分こそアンドリューを助けに来たのだと。アンドリューはこの世界の全てが不確かであることに気付いていく、このホテルまでも。登場人物は3人のみの比較的静かな舞台、中島に向けるカメラのシャッター音が鳴り響いた。

319A3284S

舞台初主演となる中島は、「こういうストレートプレイは初めてだったので、全部が新鮮です。役への向き合い方をさらに詰め、アドバンスして、どんどんベースが出来上っていき、自分がフリーになれるという、すごく面白い感覚を得ています」と今の心境を語った。

全幕を通して出ずっぱりとなる中島は「僕より二人の方が(アンドリューを)翻弄する役。特にロランスさんはメチャ喋ってますから、マシンガントークです」と二人を持ち上げる。ロランスは「多分稽古場で私が一番苦労しましたね。彼を翻弄して、どこにもっていくのか、なかなか面白い道筋を探れなくて。演出の小川絵梨子さんが丁寧に導いてくださったので、いろいろな手で中島さんを翻弄できるのではないかと明日から楽しみ」と胸を張った。

319A2765S319A2691S319A3001S

さらにロランスは「今日は皆さん(報道陣)のシャッター音で“この方はトップアイドルだった”と思い出しました。中島さんは、本当に新鮮で、タフなんですよ」と中島を評した。「素直ですごく柔軟でセンスが良いし、小川さんのおっしゃることを掴むのが早いし、ご自分に落とすのも早いし、本当に尊敬しています」とべた褒めだった。

中島もシャッター音について「客席が近く、前を向いたときに(シャッター音が)バチバチバチっと。逆にそれを利用させてもらいました。芝居の中で、お客さまとのコミュニケーションが取れるという意味で面白かったです」とコメント。さらに、アンドリューが上半身裸になって腹筋をする場面では「シャッター音で(この場面が取り上げられるんだなと)分りました。全然腹筋は鍛えていないです。舞台上で腹筋していたら、筋肉がつくんだろうと思っていたら、すぐにノックされ(ロランスが入ってきて)、実際には3回くらいしかやっていません(笑)」と謙遜していた。

319A3246S

そして、報道陣には撮影不可となった最後のスリリングな場面について、中島は「言えないですけど、体感的に大変です。ある物理を無視しているセットになっているので、本当は安全装置があったんですけど、とっぱらった」とコメント、大きな見どころになりそうだ。

ey! Say! JUMP !は中島のほか、藪宏太がミュージカル『ハル』を428日まで梅田芸術劇場にて、高木雄也が55日から『クイーン・エリザベス』(日生劇場)に出演と、映像以外での活躍が続く。

舞台『WILD』の東京公演は、428日(日)~525日(土)東京グローブ座にて。そして大阪公演は62日(日)~5日(水)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで行われる。

 

関連記事


Page Up