Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER×映画『うちの執事が言うことには』永瀬廉&神宮寺勇太(King & Prince)、清原翔がサプライズ登場!

2019/5/19 02:32

Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER×映画『うちの執事が言うことには』

mein1

日本最大級のファッション&音楽イベント【Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER】が518日(土)、幕張メッセにて開催され、現在公開中の映画『うちの執事が言うことには』から永瀬廉(King Prince)、清原翔、神宮寺勇太(King Prince) がサプライズ登場し、33300人で埋め尽くされた女性たちの黄色い歓声に涌いた。

映画のタイトルがモニターに映し出され、主題歌の「君に ありがとう」の楽曲が流れる中、映画さながら3人が演じたそれぞれのキャラクターの雰囲気をイメージした衣裳でランウェイを華麗にウォーキング。永瀬らは、手を振り観客の声援に応えながら、ランウェイのトップまで来ると、ハンディキャノンを手渡され3人一緒に客席に向かって発射し、大はしゃぎ。

DSC_0052S

ランウェイ終了後、「みなさん、かっこいー」と司会のゆりやんレトリィバァからの前のめりなコメントを受け、まずは本作で主演を務めた永瀬が、「この映画の主人公烏丸家第27代当主の烏丸花穎を演じたKing Princeの永瀬廉です」と満面の笑顔でご挨拶。

「映画より緊張しました。3人で歩く直前、舞台裏で『ヤバい。ヤバい』と3人で言ってたんですよ」と永瀬の発言を受けて、「キャーと言ってもらえてホッとしたんじゃないの」と山里亮太からフォローされると、「緊張も吹っ飛びました」と神宮寺は興奮気味に語った。

「映画見ましたよー!イケメン揃いで」と絶賛する山里から初主演ってどうですかと問われた永瀬は、「のびのびとやらせて貰えてました。神は同じグループのメンバーだし、翔君とは現場で仲良くさせてもらってたので。本当に楽しい現場でした」との言葉に、清原は「信頼してます」と主演の永瀬をたたえる発言。

「いやー執事が板についていらっしゃって、色々お願いしたくなっちゃいますよ」とぶっちゃけられた清原は、「所作とか作法、姿勢などに気を付けて演じました」とコメント。そして「神宮寺さんもミステリアスで、クールで」と振られた神宮寺は「ミステリアスな役どころですが、ミステリアスって何だかよく分かんなくて・・・」と当時の心境を振り返った。

「執事と当主の関係性も楽しめるのももちろんですけど、僕が演じる赤目刻弥はすごくミステリアスなキャラクターで、とても鍵を握る存在になっていますので、ぜひ劇場でご覧ください」(神宮寺)、「当主と執事のバディ物としても楽しめる作品になっているので是非皆さん見てください。」(清原)と笑顔で挨拶。

最後に主演の永瀬は「上流階級ミステリーではありますが、幅広い方に楽しんでもらえる作品です。主題歌「君に ありがとう」を僕たちKing Princeが歌っていて、歌詞も映画に寄り添っています。みなさんチェックしてみてください。」と締めくくった。

関連記事


Page Up