Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

西島秀俊、原作者のかわぐちかいじ氏からのメッセージに感無量!映画『空母いぶき』初日舞台挨拶

2019/5/24 22:04

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

「沈黙の艦隊」「ジパング」などのかわぐちかいじによる累計500万部突破のベストセラー同名コミックを映画化した『空母いぶき』が524日(金)に初日を迎え、東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われた舞台挨拶に主演の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が出席して初日を迎えた喜びを語った。

319A4575s

上映後の舞台挨拶に登壇した西島は初日を迎えた緊張のあまり、昼間なのに「こんばんは」と客席に向かって挨拶してしまい、慌てて「こんにちは」と訂正し、会場の笑いをとった。西島の後に挨拶した佐々木も「こんばん…、こんにちは」と挨拶してみせ、西島をフォロー。会場を沸かせた。

西島は挨拶を間違えたので、照れながらも「毎日、毎日スタッフ、キャストが魂を込めて撮影しました。この日(初日)を迎えて、嬉しく思います」と熱い思いを伝えた。

佐々木は客席に「楽しんでいただけましたか?」と呼びかけ、客席から大きな拍手が起こると、「報われた思いです」と喜びをかみしめた。

319A4214s319A4534s

若松監督は「上映後の舞台挨拶は今日が初めてなので、観終わった後、皆さんの顔がどんな風なのかとドキドキしながらきました」と挨拶し、客席からの大きな拍手に安堵感をにじませた。また、「戦争という材料を借りているんですが、その先に見据えるのは平和。平和をみんなで考えていきたいという思いで作りました」と本作を映画化した理由について語った。

319A4477s

藤は「映画というのは、観客に育てていただくものと思っています。私は大ヒット作品に出演した幸せをかみしめたい。どうぞ皆さんのお力をお貸しください」と今後のさらなる動員を希望した。また、共演した西島と佐々木について「お2人は(撮影)初日の1カットから完璧でした」と2人の魂を込めた渾身の演技を称賛した。

自衛隊の全面協力で撮影は行われており、西島は「護衛艦にも乗せていただいたし、自衛隊の方々には作品のためにお力を尽くしてくださって、感謝ばかりです」と頭を下げた。

319A4208s

当日、映画の封切りに寄せて、原作者の川口から監督とキャストに向けてメッセージが届けられた。「映像にみなぎる緊迫感は、“国防”という重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者として、その映像に接することができ、これ以上の本望はありません。本当にご苦労様です。そして、有難うございました」。

メッセージを受け取った西島は「感激しました。本当に嬉しいです」とコメントし、「かわぐちさんの作品はスケールが大きくてテーマも深い。そんな高いハードルのある中、皆さんに観ていただけるなんて、感無量です」と感慨深げに語った。西島と佐々木は「この船(作品)に乗って良かった。誇りに思います。観終わった後に平和の大切さ、かけがえのなさを改めて感じていただけたら嬉しいです」と充実感をにじませた。

319A4619s

本作は、近未来が舞台、国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本が、国民の命と平和が脅かされる。日本が直面する未曾有の危機を描くクライシス超大作。

映画『空母いぶき』は公開中

 

関連記事


Page Up