Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『ダンスウィズミー』 三吉彩花が高級レストランで縦横無尽に踊り狂う!ポールダンス、アクロバットに空中大回転まで!? 3連続テーブルクロス引きはまさかの一発OK!!

2019/6/25 14:50

『ダンスウィズミー』 三吉彩花、高級レストランで縦横無尽に踊り狂う

サブ②S#037B_069s

『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』(8 16 ()全国公開)は、構想16年、「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマにしたこれまでにない全く新しいミュージカル! 

まさに「この世は私のためにある…!!」三吉彩花が、美貌を振りかざしウララ~ウララ~踊り狂う「狙いうち」が解禁された。三吉彩花演じる、ミュージカルニガテ女子のヒロイン・静香。そんな静香は、突然、音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった。三浦貴大演じる憧れのイケメンエリートな先輩・村上にディナーデートに誘われ、静香が心躍らせながら行った先は、素敵な生演奏が聞けるオシャレなレストランだった。踊りたくない思いとは裏腹に、ドラムの軽快なビートに足が、カラダが、リズムを刻まずにはいられない!そして気がつくと「ウララ~ウララ~」とテーブルとテーブルの間をノリノリで歌い踊り抜け、「この世は私のためにある!」の歌詞と共にジャケットを脱ぎ捨てキメポーズ!

レストランスタッフまで巻き込み、テンポアップし加速度を増すダンス。長くキレイな手が顔の周りで滑らかに動く振り付けは、三吉の美しさをより一層引き立て、「狙いうち」がまるで三吉のための曲であるかのように錯覚させるほどだ。

矢口監督が「狙いうちのシーンが一番大変だった」と語るほど、このミュージカルシーンには様々な仕掛けが満載。この1曲のシーンを撮影するのに費やした時間は、なんと4日間で、三吉に至っては、撮影前までに、ポールダンス、テーブルクロス引き、アクロバットなど様々な動きのレッスンを受け、相当な時間、練習を重ねていた。ワイヤーアクションが必要となったシャンデリアにぶら下がるシーンも全て本人が演じているというのだから、三吉の本作にかける熱量は凄まじい。

その甲斐あってか、矢口監督から「抜群のセンス、特技と言える」と大絶賛されたのは、まさかのテーブルクロス引き。撮影の日、三吉は誰もが驚くほどの集中力を見せ、3回連続のテーブルクロス引きを1発で成功させたのだ。まさに「この世は私のためにある!!」と確信せざるを得ないくらいの三吉の美貌と、身体能力の高さが存分にわかるシーンとなっている。

特報映像 :https://youtu.be/UnRw9daTZD0

映画『ダンスウィズミー』
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2019
映画「ダンスウィズミー」製作委員会
予告編:https://youtu.be/S1NHig2qUTA
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/dancewithme/
8
16() 全国ロードショー

関連記事


Page Up