Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

多部未華子、瀬戸康史出演 KERAの書下ろし新作 舞台『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』 11月KAATにて上演!ビジュアル解禁!

2019/7/29 11:02

舞台『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』

ドクター・ホフマン9人横ビジュアルs

11月7日(木)よりKAAT神奈川芸術劇場にて上演される舞台『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』のビジュアルが公開された。

アウトサイダーにしてトップランナーという、特異なポジションで日本演劇界を席巻し続けるケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、遂に KAAT で書下ろし新作を上演する。

作品に合わせ劇場空間を大胆に変形させ、舞台表現の無限の可能性を追求する KAATならではの作品をと、今回 KERA が選んだ題材は、これまでも度々取り上げてきた彼が敬愛する作家・フランツ・カフカ。「失踪者」「審判」、そして遺作長編とされていた「城」に続く、カフカの4作目の長編小説の遺稿が発見されたとしたら!? それが舞台化されたとしたら!?誰も知らないカフカの未発表長編の舞台化にKERA が挑戦する。

完成したビジュアルは、中央に大きく配置されたフランツ・カフカ自身を、今作の豪華出演者の顔写真が取り囲むビジュアルとなっている。

KERA作品初登場の多部未華子を中心に、瀬戸康史、音尾琢真、大倉孝二、村川絵梨、谷川昭一朗、武谷公雄、吉増裕士、菊池明明、伊与勢我無、犬山イヌコ、緒川たまき、渡辺いっけい、麻実れい、といった一癖も二癖もある個性豊かな出演陣に、振付の小野寺修二、音楽の鈴木光介が加わることで、どんな化学変化が起こるのか、今秋一番の衝撃作に期待がかかる。 

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~
【作・演出】 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【出演】 多部未華子 瀬戸康史 音尾琢真 大倉孝二 村川絵梨
    谷川昭一朗 武谷公雄 吉増裕士 菊池明明 伊与勢我無
    犬山イヌコ 緒川たまき 渡辺いっけい 麻実れい
【神奈川公演】 11月7日(木)~24日(日) KAAT神奈川芸術劇場 <ホール>
【兵庫公演】     11月28日(木)~12月1日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
【北九州公演】 12月14日(土)~15日(日) 北九州芸術劇場 中劇場
【愛知公演】    12月20日(金)~22日(日) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

 

関連記事


Page Up