Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

古川雄輝、WOWOWオリジナルドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』ポスタービジュアル解禁!

2019/8/16 14:14

WOWOWオリジナルドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』

悪の波動-ポスタービジュアルs

WOWOWの連続ドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』が、106日(日)2230より放送スタートとなる。この度解禁となったポスタービジュアルでは、古川雄輝演じる冷徹無比な殺人犯トレミーの前日譚にふさわしく、サスペンスフルでミステリアスな仕上がりとなっている。

「殺人分析班」シリーズは麻見和史著の原作をもとに木村文乃主演で2015年「石の繭」、2016年「水晶の鼓動」として放送された警視庁の犯罪捜査を描くWOWOWオリジナルドラマ。さらに先日、シリーズ第3弾となる『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』の制作決定も発表され、シリーズへの注目はますます高まっている。

本作では、過去のシリーズ2作で鮮烈な印象を残した殺人犯トレミーこと八木沼雅人が、いかにして冷徹無比な殺人鬼になったのかが描かれる。原作第1作「石の繭 警視庁殺人分析班」で初登場したキャラクター“トレミー”からインスパイアされたドラマオリジナルのストーリーとなっている。

殺人鬼でありながら見る者を惹きつけ、高い人気を誇ったトレミーは、引き続き古川雄輝が演じる。彼に想いを寄せる浅田吉佳を演じるSUMIREのほか、刑事・井口役に池田鉄洋、同じく刑事・矢島役に深澤辰哉(Snow Man/ジャニーズJr.)、吉佳の兄を怪演する平埜生成らがシリアスなドラマに色を添える。監督は、シリーズ1作目から担当してきた内片輝をメインに、共同監督として山本大輔もメガホンを取る。

さらに先日、木村文乃演じる「殺人分析班」シリーズの主人公・如月塔子が本作に登場することが発表されると、SNS上では「トレミーも塔子も大好きだから楽しみが増えた!」といった反響が寄せられた。トレミーが塔子に初めて接触するシーンは、「殺人分析班」シリーズファン必見となるに違いない。

ひとりの青年を冷徹無比な殺人犯へと変貌させたものとは何だったのか?トレミーの原点が、今明かされる。

関連記事


Page Up