Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

星野源、「インスタはじめました!」と初日舞台挨拶で報告。 映画『引っ越し大名!』

2019/8/31 14:26

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

歌手で俳優の星野源が6年ぶりに主演する映画『引っ越し大名!』が830()に初日を迎え、東京・丸の内ピカデリー1で行われた舞台挨拶に星野をはじめ、高畑充希、高橋一生、及川光博、濱田岳と犬童一心監督が登壇し、クロストークを繰り広げた。

s-RanRan1IMG_5116S

本作は、『超高速!参勤交代』シリーズで、時代劇の新しいジャンルを開拓した土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」を映画化。実在の大名・松平直矩のエピソードを基に、莫大な費用が掛かる引っ越しを知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する姫路藩士たちの姿が描かれる。

『箱入り息子の恋』(2013)以来、6年ぶりに主演・片桐春之介役を務めた星野は「6年前のときは事情があってプロモーションをがっつり出来なかった。今回はいろいろ稼働もさせていただいて……。(映画の)撮影から1年半ほど、待って待っての初日なので本当に嬉しいです!」と満面の笑みで挨拶した。

s-RanRan2IMG_5048AS

また、星野は「インスタはじめました!」と高らかに宣言。星野は客席や取材陣を積極的に撮影。それを見ていた高畑が「源さんのインスタに載りたい!」と名乗りを上げて会場を沸かせていた。

前任の引っ越し奉行の娘・於蘭役を演じ、今作で初めて乗馬シーンに挑戦したという高畑は「馬のテンションが高くなると想像以上に走るスビートが速くなって、怖すぎて顔が固まってしまったけれど、映画で観ると、意志の強い人に映っていたので助かりました」と苦笑しながらコメントした。さらに、「楽しいし、ジーンとする場面もあるので、たくさんの人に観ていただきたい」と期待を煽った。

s-RanRan4IMG_5073S

春之介の幼なじみであり武芸の達人・鷹村源右衛門役を演じた高橋は「炎天下での撮影は過酷でしたが、激しいアクションシーンもあって、とっても楽しい映画になっています」と作品をアピール。高橋と星野、濱田は幼馴みの役。現場では濱田も交えて話が弾んだという。

タイトルにちなんで登壇者たちが互いを「◯◯大名」と命名する場面があり、及川はインスタを始めたばかりの星野を「源ちゃんはインスタ大名」と命名。さらに、過酷な暑さの中の撮影で、自分でマイ扇風機や冷えピタを持ち込んでいたという及川に星野が気を使って声をかけてきてくれたという撮影エピソードを披露し、星野に「気配り大名」という別名も披露した。

犬童監督は現場を振り返り、「3(星野、高橋、濱田)が集まって、男同士笑顔でよく話していた」と語ると、及川はそんな3人を見ていて、「わちゃわちゃしていた」と仲良しぶりを評していた。

s-RanRan3IMG_5057S

星野は高畑を「焼き肉大名」と評した。「撮影中も焼き肉を食べに行っていた。高畑さんは上品で美しいけど、肉を食べるときは『ガッ!』といく()。その感じがカッコいい」とコメント。

高橋は、濱田を「難癖大名」と呼び、舞台上でも小突きあったり、「なんだよ!」「この野郎」などと言いあったり、口げんかでじゃれあって、仲良しぶりを見せていた。

s-RanRan6IMG_5090S

終盤、樽の中に酒ではなく、引っ越し蕎麦が入った“『引っ越し大名!』版の鏡割り”も実施。星野は箸で蕎麦をつかみながら「これ、普段よくやっているCMの感じがする」とコメントして、会場を笑わせた。

最後に星野は「脚本を読んで、これは面白いな、この作品に出たいなと思っていました。現代の日本で今観るべき、みんなが楽しめる時代劇だと思うので、何度も観てください」と作品を熱くアピールして、イベントは終了した。

 

 

関連記事


Page Up