Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『蜜蜂と遠雷』 “2人の風間塵”によるクラシックメドレーが特別映像として解禁!

2019/9/15 11:00

“2人の風間塵”によるクラシックメドレーが特別映像として解禁!

『蜜蜂と遠雷』STAND-UP!-ORCHESTRA画像素材_1s

史上初の快挙となる<直木賞>(第156回)と<本屋大賞>(2017年)のW受賞を果たした恩田陸の代表作「蜜蜂と遠雷」が豪華キャスト、スタッフ陣により映画化され、10月4日(金)に公開される。

本作のキャスト陣には、松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、そして新星・鈴鹿央士が大抜擢されている。監督・脚本・編集は『愚行録』で長編監督デビューを果たし、新藤兼人賞銀賞を受賞した新鋭・石川慶監督。

『蜜蜂と遠雷』メイン写真s

本作に登場する天才ピアニストの一人、風間塵を演じた鈴鹿央士、藤田真央による「風間塵とクラッシックメドレー演奏してみた」特別映像が解禁となった。

「風間塵とクラッシックメドレー演奏してみた」特別映像: https://youtu.be/i3wjTWCKQzU

“ピアノの神様”が遺した異質な天才ピアニスト・風間塵を演じた鈴鹿央士は100名を超えるオーディションから塵役に抜擢され俳優デビューを果たした期待の新星。エキストラで参加した作品の撮影中に広瀬すずにスカウトされ2018年に芸能界デビューを果たし、広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説「なつぞら」にも出演している今最も注目されている俳優の1人。

また、4年に1度開催される国際3大コンクールと言われるチャイコフスキー国際コンクールで2位という快挙を成し遂げた藤田真央が、風間塵のピアノに命を吹き込んでいる。

『蜜蜂と遠雷』STAND-UP!-ORCHESTRA画像素材_s

そんな映画と音楽の世界で活躍する2人が、今年の11月にオープンを控える東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で夢の競演を果たした。本館は、国際アート・カルチャー都市構想のシンボルであり年間1,000万人の集客が見込まれる「Hareza 池袋」の中核をなす芸術文化劇場として、2019年11月に開館する。そんな新たな芸術の中心地で実現した今回の企画は、必ずどこかで耳にしたことのあるクラシックの名曲メドレーに乗せて、“2人の風間塵”によるピアノ連弾演奏を披露している。

藤田、鈴鹿と共演するのは〈STAND UP! ORCHESTRA〉。クラシック音楽の楽しさや新しい可能性を伝えるために2018年に発足、現在200名以上が楽団員の登録メンバーとして活動し、ライブやイベント・テレビ出演等、クラシック音楽の魅力を発信している。オーケストラの指揮を執るのは世界で活躍する松沼俊彦。

Piano:藤田真央&鈴鹿央士
Conductor:松沼俊彦
Orchestra:STAND UP! ORCHESTRA
Arrangement: 和音正人 / 戸田有里子 /
Recording:橧谷瞬六/吉川昭仁/松下真也/伊藤裕貴
Movie:I-7
Special Thanks to:YAMAHA Love Piano / 飯塚健之介
撮影協力:東京建物Brillia Hall

 

関連記事


Page Up