Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

志尊淳率いる鳳仙学園メンバーが終結!映画『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST男祭り

2019/9/22 22:33

志尊淳率いる鳳仙学園メンバーが終結!

映画『HiGH&LOW THE WORST

0922『HiGH&LOW-THE-WORST』イベントメイン写真s

男たちの友情と熱き闘いをメディアミックスで描いた「HiGH&LOW」シリーズと、不良漫画 の金字塔「クローズ」・「WORST」(原作:髙橋ヒロシ)との奇跡のクロスオーバーが実現した『HiGHLOW THE WORST』が、104日(金)に全国公開を迎える。

その公開に先立ち、922日(日)に『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST男祭りと題した特別イベント付試写会を開催され、鳳仙学園のキャスト陣である志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎、そして本作の宣伝応援プロデューサー・やべきょうすけが登壇した。また、イベント後半には、サプライズゲストとして「クローズ」「WORST」の大ファンであるTKO・木本武宏、木下隆行がスキンヘッド軍団を率いて登場し、上映後の熱気冷めやらぬ男性ファンと<鳳仙トーク>で大いに盛り上がった。

会場からの「おおおおおおおぉぉぉぉぉ!!」という野太い歓声を受け、上田佐智雄役を演じた志尊淳は「こんなに迎え入れてもらえるとは思っていなかったので嬉しい気持ちでいっぱいです!」と語り、笑顔でファンに応えた。

本作で登場した鳳仙学園・新キャラクターたちの魅力について、やべは「一人ひとりのキャラクターを理解して、それをアクションで表現しきれるかというのがすごく難しいんですが、みんな今回の役どころをしっかり把握していて、劇中には実はすごく細かいお芝居があったりするんですよ。そういう部分にも気付いてもらいたい」と熱意で語った。

0922『HiGH&LOW-THE-WORST』イベント志尊淳DSC05397s

現場では毎日のように、芝居についての話を熱心にしていたという鳳仙学園のメンバー。志尊が「事前に、こういう演技でどうか?というのをキャストの中で話し合って、こういう風に演じたいと思っていますと伝えた上で実際にやってみて、それがOKかダメか、と判断してもらう感じでしたね」と語り、それを聞いたやべは「現場に入る前から鳳仙してるんだね!」と思わず感嘆の声をあげた。

さらに志尊は「何のために戦っているかの共通目的が必要だと思って。闘う時に、(傷ついた仲間の)血まみれの制服を着たいと提案したんです。そういうところをしっかりやることが鳳仙の強さに繋がるなと思っていました」と続け、それに対して後輩・サバカン役を演じた坂口は「この5人(志尊・塩野・葵・小柳・荒井)が現場でお芝居に関する話をずっとされてて、本当に俳優として素晴らしいことだなと感じていました。僕は(後輩役なので)それを聞いて身を任せられるなと心の底から思っていました」と、強固な鳳仙学園の関係性を感じるエピソードとなった。

★メイン「HiGH&LOW-THE-WORST」ss

最後に、本作の見どころについて志尊が「髙橋先生の原作を背負っている中で、<悪い>や<強い>は表面的じゃないなと思いました。内側にもっている強さ、一枚岩の強さを表現していくことを大切にしながら、約80名のみなさんで今回の鳳仙学園をつくっていきました。単純に<喧嘩>と、とられる方もいるとは思うのですが、もっと内側にある強さを感じ取ってもらえたら嬉しいなと思いますし、年齢男女問わず色んな観点からみていただける映画になっています」とアピール。

イベントの最後には公開に向けた気合の一発として、志尊の「104日、鬼邪高潰すぞ!!」という掛け声を合図に会場に集まった男性ファンたち全員が「シャー!!」 と太い声で雄叫びを上げ、幕を閉じた。

 

関連記事


Page Up