Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

長渕剛、映画『太陽の家』記念イベントで主題歌『Orange』を熱唱!「ツアー終わるまでにサビ一緒に歌えるようにしたい!」

2019/10/28 14:56

取材:記事/RanRanEntertainment (ステージ写真はオフィシャル提供)

長渕剛がデビュー40周年を迎え、映画『太陽の家』で20年ぶりに俳優としてスクリーンに蘇る。長渕剛の主演映画『太陽の家』が2020117日(金)に全国公開されることを記念して、映画史上初のビッグプロジェクト『SUYOSHI NAGABUCHI CINEMA & LIVE 2019 太陽の家』が1031()を皮切りに全国各地にて開催。そのライブ&シネマツアーに先駆け、プレミアム・キックイベントとして、1027()に、東京・EX THEATER ROPPONGIにて、『TSUYOSHI NAGABUCHI CINEMA & LIVE 2019 太陽の家PREMIUM LIVE』が開催され、本ツアーのチケット購入者から抽選で700名が招待された。

43_4NS8743_nishioka_R-(002)s

本イベントでは、はじめに一夜限りの特別メイキングダイジェスト(約60分)が映し出される。権野元監督と大工の棟梁・川崎信吾を演じる長渕剛が各シーンをお互いに話し合いながら創り出し、また長渕と飯島直子、山口まゆ、瑛太、広末涼子ら共演者とのシーンなど長渕剛の魅力溢れるシーンがたっぷり詰まっていた。

休憩を挟まず、スクリーンが上がると後半のライブに突入。長渕は「40年目にして初めて無料ライブをやりました。もっと早くやれば良かった。今日も伝説のライブを作りましょう。徹夜はやらないけど」と会場に語りかけた。「勇次」、「明日に向かって」、「泣いてチンピラ」、「明日へ続く道」などを熱唱。そして、最後にライブでの歌唱は初となる本作『太陽の家』の主題歌『Orange』を披露。「ツアー終わるまでにサビ一緒に歌えるようにしたい!」と呼びかけ、大合唱で盛り上がった。

taiyo_honposter_R-(002)s

 

関連記事


Page Up