Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中井貴一×佐々木蔵之介W主演、開運・お宝コメディ・シリーズ第2弾『嘘八百 京町ロワイヤル』予告編映像解禁!

2019/11/20 08:00

中井貴一×佐々木蔵之介W主演、映画『嘘八百 京町ロワイヤル』

「嘘八百-京町ロワイヤル」本ポスターS

中井貴一×佐々木蔵之介W主演、日本中のお宝ファン、コメディファンを笑いと感動の渦に巻き込み大ヒットした前作が全方位にパワーアップした『嘘八百 京町ロワイヤル』(来年1月31日(金)より全国公開)の予告編映像とポスタービジュアルが公開された。

ポスタービジュアルは、千利休の弟子にして「天下一の武将茶人」と称された古田織部の幻の茶器「はたかけ」をニヤリと見つめる主演ふたりと、彼らを裏で糸を引いているかのように背後で微笑むマドンナという彼らの関係性が大きく映し出され、脇を固める豪華俳優陣を配した、新春らしく明るい、まさに“開運招福 お宝コメディ”として仕上がっている。

予告編映像は、古物商の則夫(中井貴一)のもとに、着物美人の志野(広末涼子)が、父の形見の茶器を騙し取られたと相談する場面から始まる。なんとそれは、5,000万円は下らないと言われる古田織部の幻の茶器「はたかけ」だった。志野にほだされた則夫は、同じく彼女の魅力のとりこになった陶芸家の佐輔(佐々木蔵之介)とコンビを再結成。今度は「ひと儲け」ならぬ「ひと助け」のため、お宝眠る古都・京都を舞台に、新たな敵:有名古美術店主人(加藤雅也)、大御所鑑定家(竜雷太)打倒の為、かつての仲間たちとともにお宝大作戦を決行。陶芸王子(山田裕貴)やテレビ番組をも巻き込み、国の名勝・渉成園で、決戦の火蓋が切って落とされる--。

主演ふたりのコミカルで人間味あふれる演技、何かを秘めたマドンナの眼差し、敵キャラの小憎らしさ、キャラの濃い個性豊かな面々のこれでもかと畳み掛ける掛け合いなど、ドタバタコメディ感が満載で、二転三転する物語に、否が応でも期待は高まってくる。

◆予告編映像:https://youtu.be/pczaYOUL8vE

物語をさらに盛り上げているのは、東洋一のサウンド・マシーンとも言われる横山剣率いるクレイジーケンバンドが書き下ろした新曲「門松」。横山のメロディアスな歌声が、男たちのロマンをよりかき立てるかのように響き渡り、本作を一層華やかにしている。

主題歌担当:横山剣(クレイジーケンバンド) コメント
意味はどうあれ、「骨董」「京都」「嘘八百」と聞いて直感的に浮かんだのが、映画とは全く関係のないイタリーのヴィンテージカーとその周辺でした。で、音楽的には派手でスウィンドルな匂いのビッグバンドジャズ風だったりしたのですが、パイロット版を見させて戴いたときに「ばっちりハマる!」って予感がありました。で、実際に当ててみて僕は「イイネ!」ってなりましたけど、皆さまはいかがだったでしょう。心配です。

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』
出演:中井貴一 佐々木蔵之介  広末涼子 友近 森川葵 山田裕貴 坂田利夫 前野朋哉 木下ほうか 塚地武雅/竜雷太 /加藤雅也
監督:武正晴  脚本:今井雅子 足立紳  音楽:富貴晴美 
配給:ギャガ 
©2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会
2020年1月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー

関連記事


Page Up