新人シナリオ大賞受賞作「ドラマW 父と息子の地下アイドル」若月佑美ら演じるオトメがたり、本人役で出演のFES☆TIVEとライブ対決!

2020/2/3 13:00

新人シナリオ大賞受賞作「ドラマW 父と息子の地下アイドル」

_WDA1155_edited1

前列左から: FES☆TIVE(南茉莉花、土光瑠璃子、真野彩里愛、青葉ひなり、近藤沙瑛子)、
芋生悠、若月佑美、加藤小夏

 

松重豊主演。息子の意志を継いだ中年教師が、地下アイドルをプロデュースしトップアイドルを目指す音楽青春ドラマ「ドラマW 父と息子の地下アイドル」が223(日・祝)10時よりWOWOWプライムにて放送される。本作は、新人脚本家の育成を目的に創設された「WOWOW新人シナリオ大賞」で413通の中から大賞に選ばれた光益義幸氏の作品。監督は横尾初喜。

交通事故で植物状態になってしまった息子(井之脇海)に代わり地下アイドルグループをプロデュースすることになる中年高校教師の主人公、千堂を演じるのは名優・松重豊。地下アイドルという特殊な世界に戸惑いながらも奮闘する姿を描く。

☆_DSC2325s

アイドルグループ「オトメがたり」のリーダー・椎奈役には元・乃木坂46 の若月佑美。同グループのメンバーにはジュノンガールズコンテストのファイナリストをきっかけにデビューした今期待の若手女優・芋生悠と初めてヒロインを演じる映画『踊ってミタ』の公開が控える加藤小夏といった、次世代を担う注目女優たちが揃う。

☆_DSC1018-(2)_edited1

そして、「オトメがたり」のライバル役としてFES☆TIVEが出演。2019年、代表曲「OIDEMASE!!~極楽~」の動画がSNSで広く拡散され、先月には日本テレビ系列「ウチのガヤがすみません!」2月度のエンディング曲への起用も発表され注目を集めている。今回、本人役として出演し代表曲でライブも披露する。劇中では、楽曲にもこだわった本格的なライブが繰り広げられ、エネルギッシュなシーンが満載。

☆_DSC1865s☆_DSC2012s

FES☆TIVE のライブシーンの撮影を見て刺激を受けたというオトメがたりの3人は、自身のステージシーンの撮影を終え、「最初は緊張しましたけど、エキストラの皆さんの勢いがすごくて、どんどん楽しくなってきて、アイドルってこんなに素敵なお仕事なんだなって思いました」(加藤)、「私も最初は緊張しましたが、お客さんが増えて、熱量が上がると返さなきゃ!とかぶつかりたい!という気持ちになりました(笑)。ステージと客席が一体になってるのが楽しかった」(芋生)と、ライブシーンを撮り終わった後もテンション高め。

☆_DSC1516s

若月は「アイドルを卒業してから約 1年越しにまたアイドルを(笑)。私がいたグループは大人数でフォーメーションが複雑だったので、団体芸としてどうキレイに見せるかを考えていました。今回は3人で、それぞれ個性も違っているので、どう個性を出していくかを考えました。新しい感覚で楽しいです!」と久しぶりのアイドルを楽しんでいる様子。さらに、ドラマについて「青春って無敵だなって心がギュッとなる内容になっています。松重さんが演じる千堂がアイドルを通じて息子や生徒と向き合って、最初は気づけなかったことに気づくなど台本を読んでいてグッとくる場面がたくさんありました」と見どころが語った。

トリム☆_WDA1092sトリム☆_DSC1250s

一方、FES☆TIVEは、「演技の経験はありませんでしたが、いつも通りの自分たちを見せる感じだったので、ドラマに出ると言う実感がまだないです(笑)」と近藤。今回劇中で披露する楽曲「OIDEMASE!!〜極楽〜」は、青葉が「最初は盛り上がる曲ではなかったんですけど、大きなフェスや、SNSにアップされた動画をきっかけに発表してから1年ほど経った頃にバズりました。FES☆TIVE といえばこれ!というぐらいの曲になりました」と自信を持ってオススメする代表曲。「普段のライブの感じを見てもらえる機会なので、これを機にファンを増やしたいです!」と南が意気込みを伝えると、真野も「私たちのことだけじゃなくて、お客さんのことも見てもらいたいですね。振りコピやコールが恥ずかしいという人もいると思いますが、このシーンを見てもらうことで一緒にやれば恥ずかしくないって知ってもらえるんじゃないかな。分からなくても見よう見まねでぜひ!」と見どころを語った。

2月23日(日・祝)夜10時 WOWOWプライムにて放送決定!

 

関連記事


Page Up