桐山照史と柄本時生がベストカップルを演じる!シアターコクーン・オンレパートリー『泣くロミオと怒るジュリエット』本日開幕

2020/2/8 04:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

シアターコクーン・オンレパートリー『泣くロミオと怒る(いかる)ジュリエット』のマスコミ向けプレスコールと囲み取材が開幕前日の2月7日(金)、Bunkamura シアターコクーンにて行われ、囲み取材には桐山照史(ジャニーズWEST)、柄本時生、八嶋智人、段田安則、そして鄭義信(作・演出)が登壇した。

319A8905s

本作は、シェイクスピアの名作だが、舞台は鄭義信自身のルーツである関西の戦後の港町、台詞は全編関西弁、キャストは全員男性。ジュリエットも柄本が演じている。初めての恋に突っ走る若い2人、それを取り巻く不器用に生きる人々の純愛群像劇が繰り広げられる。

319A8915s

プレスコールを演じた直後、5人がにこやかに囲み取材に応じた。冒頭、ロミオを演じた桐山が「めちゃくちゃ美しい“ロミオとジュリエット”です」と笑顔で語る。「鄭さんとお会いし、セットを見て、台詞が全部関西弁なので、驚き!驚きでした。こういう“ロミオとジュリエット”の描き方もできるんだと思いました」と振り返る。さらに、ジュリエット役が柄本と聞いて、「時生?(って驚いた。)ロミオを僕がやらせていただけると聞いて、僕が?って思いましたし。“ロミオとジュリエット”ってかっこいい人、すっごいカワイイ人ってイメージだった」と語る。

319A8546s

一方の、柄本は「(ジュリエットのオファーが来て)二度聞きしました。お仕事は絶対断らないって決めているのですが、初めて言いました。『考えてみたい』って。(何で?)ジュリエットだよ」と、悩んだことを明かした。相手役の桐山については「オヤジ(柄本明)、にいちゃん(柄本佑)の両方が(桐山と一緒に)仕事をしていて、桐山君の噂は聞いているんですよ。『桐山君、役者だね』みたいな、いい噂しかなかったです」と語り、二人が絶妙のカップルであることをうかがわせた。

319A8831s

段田(ローレンス役)は「若い方々も女の格好をする。それを見ていると、“これは、面白いなあ”と。ただ、時生君の姿を見て、最初は大丈夫かなあと思ったんですけど、化粧して、カツラをつけたら、私の大好きな竹内まりやさん!」と柄本を見つめると、周りが大爆笑!柄本も恥ずかしげにポーズをとっていた。

319A8597s319A8670s

その柄本は、キャストが関西出身の中、関西弁に苦労しているかと問われ、「関西弁は、未だに直されています。難しいですね、イントネーションが・・・」と答えると、八嶋(ジュリエットの義理の姉役)が「柄本時生さんは、男である!女である!関西弁である!関西弁でない!そんなことは気にならない超越した気持ちわるさがあるんです!」と発し、ここでも大爆笑!さらに八嶋は「だから、(関西弁がどうだと)そんな細かいことは気にならない!何だ?このジュリエットは?と思って、最後まで観たら、皆さん絶対泣いていますよ。切なくて、カワイくて、それは自信があります。これをいっぱい言っておかないと、絵面だけ切り取られて、化け物小屋みたいだと言われてしまう」と見どころを訴えた。

男性だけの舞台について、鄭義信は「元々、シェイクスピアは男性ばかりで演じていた。今回、シアターコクーンは初めてなので実験的にやってみました。男ばかりのパワーとか、二人の愛情交換が切なかったりするので、却って面白い作品になるのではと思っています」と自信を見せる。また、何故この二人?という質問には「何故でしょう(笑)?僕にとって、二人とも素敵というか、桐山君の男っぽいところ、泣くロミオにピッタリ。時生君は最初、大丈夫かなってというところから、段々カワイイなって。最後は時生で泣けるので、今はベストカップルと思っています」と太鼓判を押した。

319A8913s

最後に桐山が、「“ロミオとジュリエット”を関西弁で、そして全員男性で。観たときは違和感をもたれるかもしれませんが、観ているうちに、出ているキャスト全員が愛おしくなってきて、最終的には何かを感じ取ってもらえる作品になっていると思います。世界一不器用な“ロミオとジュリエット”を観にきてください」と締めくくった。

319A8453s

シアターコクーン・オンレパートリー『泣くロミオと怒る(いかる)ジュリエット』
作・演出:鄭義信
出演:
桐山照史、柄本時生、橋本淳、元木聖也、高橋努
岡田義徳、朴勝哲、みのすけ、福田転球、八嶋智人、段田安則

2月8日(土)~3月4日(水) Bunkamura シアターコクーン 
3月8日(日)~15日(日) 大阪・森ノ宮ピロティホール  

関連記事


Page Up